大腸がん検査・検診が受診できる施設を探して予約できます。

大腸がん検診で早期発見・早期治療を。

  • ここカラダならPontaポイントが最大3%たまる。いままでためたポイントも利用可能!

ここカラダ
予約受付ダイヤル

※医療機関ではありません

医療機関選びに迷ったら是非お電話ください!

連絡先詳細
  • ※医療機関直通ではありません。
  • ※ここカラダは、人間ドックの予約サービスとなっております。医療行為(病気、治療など)に該当するご相談はお受けしかねますので予めご了承ください。
  • ※ご予約のキャンセルにつきましては、直接医療機関にお問い合わせください。
  • ※人間ドックは健康保険の適用はありません。全額自己負担となります。
  • ※お電話によるご予約は、ポイント利用/付与の対象外となります。
人間ドックのここカラダ > 大腸がん検査・検診の予約

大腸がん検診

体の部位別では、大腸がんの患者数は男性で第2位、女性では第1位。大腸がんは、適切な検診を受けることによって早期に発見できます。大腸がんの発見が遅れてQOL(生活の質)を落とすことのないよう、定期的に大腸がん検診を受けましょう。 人間ドックのここカラダでは、全国の大腸がん検診実施施設の検索や予約申込が可能です。

大腸がん検診について知りたい方はこちら

大腸がん検診を探す

都道府県から探す都道府県から探す

北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
近畿
中国・四国
九州・沖縄

人気ランキングを見る

大腸がん検診の検査どれ選ぶ?|検査の内容・比較|見ることもとることもできる大腸内視鏡が主流 一度は試したい3D-CTにも注目

大腸がんは、肉類中心で脂肪分の多い欧米食化が進むにつれて患者が急増している疾患で、2006年には約4万1000人が亡くなっています。部位別がん死亡数の女性1位*、全体でも、肺がん、胃がんに次いで3位*と死亡数が多いのも大腸がんの特徴です。穀物中心の食生活だった日本人の腸は欧米人に比べて2~3mも長く、腸に腫瘍や炎症ができるリスクも高いのです。 検査によっては前日の準備などに手間がかかることもありますが、大腸がんなどの早期発見に大いに役立つものですので、特に血縁関係者に大腸がんや大腸ポリープの既往歴がある場合は積極的に受診しましょう。

  • *国立がんセンターがん対策情報センター「部位別がん死亡数(2006年)」より

大腸がん検査のメリット・デメリット

検査名 メリット デメリット
大腸バリウム
  • 大腸穿孔などの危険が少ない
  • 被ばくがあり、なおかつ腸は放射性物質の影響を受けやすいので、特に注意が必要
  • ・バリウムと空気によりお腹が張って苦痛を感じることがある
  • 検査後、一時的に便秘になる場合がある
大腸内視鏡
  • 観察と同時に、ポリープ切除や細胞採取などの処置が行える
  • 病変部分を鮮明に見られる
  • 穿孔(内視鏡で大腸に穴があく)を起こすことがある
  • 検査を行う医師・技師の技量に左右される部分が大きい
大腸3D-CT
  • 痛みや不快感を伴わない
  • あらゆる方向から形状を確認できる
  • X線による被ばくがある
  • ポリープなどの病変部の色は確認できない
便潜血検査
  • 痛みや不快感を伴わない
  • 絶食などの準備が不要
  • ・あくまで大腸内視鏡のスクリーニング的位置づけで、陰性だからといって病気を否定できるわけではない

大腸バリウム(下部消化管造影X線撮影)

バリウム(造影剤)と空気を肛門から腸へ注入し、X線を用いて大腸の状態を見る検査です。大腸がりんごの芯のように部分的に細くなっている(アップルコア)場合、大腸がんが疑われます。
検査前日は朝から食事制限を行い、下剤を服用することで腸を空っぽにする必要があります。検査時から検査後は下腹部がかなり膨らんで張った感じがあり、また、バリウムが腸に残ると一時的に便秘になる場合がありますので、普段から便秘がちな人は医療機関に相談しましょう。

大腸内視鏡(下部消化管内視鏡)

直径10~12mmの内視鏡(ファイバースコープ)を肛門から挿入し、直腸から盲腸にいたる大腸の内部を観察します。ポリープや大腸炎、大腸がんなどの発見に役立ちます。検査前には、下剤や水を飲んで大腸内を空っぽにし、きれいにしておきます。この前処置だけで、かなり疲労などの負担を感じる場合もあります。
大腸の粘膜にみられる出血や炎症、ポリープ、がんなどを観察すると同時に、内視鏡の先端で切除したり、粘膜の一部を採取して良性・悪性の検査を行うこともできます。

写真

写真
大腸内視鏡検査で見た大腸の内部。ポリープが認められます

大腸3D-CT(仮想大腸内視鏡)

写真
3D-CTでは実際の患部の色を見ることはできませんが、形状を立体的に観察できます

通常の大腸内視鏡検査は前処置の不快感や内視鏡を入れる時の痛みのため敬遠されがちで、早期発見の妨げになっていました。大腸3D-CT検査では前処置の苦痛が軽減されるほか、内視鏡挿入に伴う痛みもありません。ただし、大腸3D-CTでは病変の形をみるだけにとどまり、内視鏡検査のようにその場でポリープの切除や生検用の組織採取はできません。どうしても大腸内視鏡に抵抗がある場合は、まず大腸3D-CTで異常の有無を確かめるとよいでしょう。

便潜血検査

胃から大腸までの消化管の中で出血があると、便に血が混じることがあります。この検査では肉眼ではわからない程度の少量の出血をチェックすることができます。便を採取して、血液中のヘモグロビンに反応する試薬を使って免疫学的便潜血検査を行います。出血が認められなければ陰性、陽性なら上部・下部消化管のいずれかに出血を伴う病気の可能性があります。ただし、出血が認められた場合はすでにがんが進行していることが多いのも事実です。
通常、2日分の便(2検体)で検査します。1日分の検体では検査の精度に不安が残ります。また2検体とも陰性だったからといって消化管に出血源がないことを保証するものではありません。便潜血はあくまでもスクリーニング的な検査です。便潜血検査で異常が認められると再検査として内視鏡検査を行うので、大多数の人が最初から内視鏡検査を希望します。

東京地下鉄株式会社健康支援センター 所長 鷲崎 誠(わしざき・まこと)
2009/10/30 更新

大腸がん検診って何するの?|検査の流れ|加齢に伴い増える大腸がん、適切な検診で早期発見しましょう

写真

わが国では、年間約8万人が新たに大腸がんにかかっています。がんの部位別では、大腸がんの患者数は男性で第2位、女性では第1位です。患者数増加の一因は、食生活の欧米化や運動不足。しかも、大腸がんは高齢者ほど罹患率が高くなるため、今後もさらなる増加が予想されます。大腸がんは、適切な検診を受けることによって早期に発見できます。大腸がんの発見が遅れてQOL(生活の質)を落とすことのないよう、40歳を迎えたら定期的に大腸がん検診を受けましょう。

大腸がん検診の流れ

検査前日

水分(水、茶、スポーツドリンク)を努めて多く摂り、食事は消化がよく、大腸に残らない食品を、朝・昼・晩きちんと摂ります。夕食は夜9時までに済ませ、その後、処方された下剤を服用します。

検査当日の朝

検査の7時間前に、胃腸運動を活発にして吐き気を抑える薬を服用します。さらにその1時間後から、1.8リットルの水に溶かした検査前処置用下剤を1~2時間かけて数回に分けて飲みます(早朝の場合、検査4時間前からでも可)。腸から吸収されませんので、同量の水を飲むのと比較するとかなり楽に服用できます。服用から約1時間たつと排便が頻回になりますが、2時間ほどすれば落ち着いてきます。

※希望により来院の上、下剤を飲むことも可能です。

  写真

step1:来院・受付

下剤の効果が落ち着いたら、検査30分前までに来院し、受付を済ませます。(検査中に軽い鎮静剤を使用するため、自分で車を運転しての来院は避けます。)最終排便の性状チェックを行い、検査が正しく行える状態かを判断し(5~8回の排便により、便の性状が透明で黄色の水様になれば検査が可能です)、検査着に着替え特別待合室で待機します。   写真

step2:検査

左脇を下にして、ひざを少し曲げた状態でベッドに横になります。緊張を解くため、ららぽーと横浜クリニックでは軽い鎮静剤を使用します。直腸診に続き、肛門から直径約13mmの内視鏡を入れ、5分ほどかけて大腸の一番奥まで挿入します。引き抜く際には、少しずつ空気を入れながら、10分間くらいかけて腸内をじっくり観察します。検査に要する時間は、腸の長さや形状により個人差があります。もしも、腸の粘膜に異常な発赤や盛り上がりなど、がんを疑う病変やポリープが見つかれば、特殊光や色素で精密診断し、内視鏡で生検(組織採取)したり切除したりできます。

※検査後は、1時間程度休みます。
※ポリープの生検・治療は、検査と同時に行う施設とそうでない施設があるので、事前に確認が必要です。また、検査説明についても、内視鏡検査中にその検査画像を医師と一緒に見ながら説明受けられるかどうかも施設により違いますので、検査予約時に合わせて確認しましょう。

  写真

ワンポイント

大腸内視鏡検査では、先端に小型カメラがついたチューブを肛門から挿入し、モニターに写し出された画像によって大腸内部を観察します。検査前は下剤を十分に用い、腸内を完全に空にすることが重要です。内視鏡検査の最大の利点は、疑わしい病変が見つかった場合にその場で組織が採れること。一定頻度でがん化する恐れのあるポリープの切除も可能で、検診・診断・治療を兼ねた優れた検査法といえます。

※検査後は、1時間程度休みます。
※ポリープの生検・治療は、検査と同時に行う施設とそうでない施設があるので、事前に確認が必要です。また、検査説明についても、内視鏡検査中にその検査画像を医師と一緒に見ながら説明受けられるかどうかも施設により違いますので、検査予約時に合わせて確認しましょう。

写真   写真
良性ポリープ(無症状):がんになる前に、内視鏡で切除することで、がんを予防できます   がん化したポリープ(無症状):内視鏡でギリギリ切除できるポリープ。これ以上進行すると外科手術が必要

step3:検査結果の説明

診察室に入り、撮影画像を見ながら、検査結果の説明を受けます。過去の検査も含め、異常が認められない場合には、次の検査は2~3年後でもよいでしょう。検査後の食事は、「消化のよいものを腹八分目に」します。何らかの異常が見つかった場合には、必ず1年後に検査を受けてください。ポリープを切除した場合には、3日間は消化のよいものを食べて入浴を控え、2週間程度アルコール摂取を控えます。重いものを持つ、激しい運動をする、飛行機に搭乗することも避ける必要があります。 組織をとった場合には、病理結果の説明を受けるために、約2週間後に再び受診します。

  写真

取材協力:ららぽーと横浜クリニック

※上記記事は、取材にご協力いただいた医療機関が実施している検査の流れです。大腸がん検診を提供するすべてのメニューに該当するわけではございません。ご了承ください。

大腸がん検診を開始したい年齢 40歳
大腸がん検診の受診頻度 1年に1回
ハイリスク群 三親等以内に大腸がん患者がいる、食事内容が高脂肪・低繊維質、座り仕事が長い、便秘、飲酒で顔が赤くなるのに大量に飲む、BMIが男性27以上・女性25以上 など

※なお、ハイリスク群に思い当たる場合は、上記の受診開始年齢に達していなくても、一度は受診することをおすすめします。

大腸がん検診を探す

都道府県から探す都道府県から探す

北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
近畿
中国・四国
九州・沖縄

注目の施設

受ける検査がわかる 何の検査を受けるべき?と迷ったら、ここからチェック!

  • 性別・年代からズバリ!わかる ドック検診早見表
  • 「はい」と「いいえ」でわかる タイプ別チェック
PET���f���W

【人間ドック・がん検診を探す】

【大腸がん検診を沿線・駅から探す】