白血球の検査の目的を解説。人間ドックや検診で早期発見・早期治療を。

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > 白血球

この検査は何のため?|目的から結果の見方まで

白血球

[白血球] 検査の目的

血液1μl(マイクロリットル)中の白血球数を調べる検査です。白血球は細菌などを無毒化し、体を守る働きをしています。この数値が高い場合は細菌感染症にかかっているか、炎症、腫瘍が疑われます。喫煙者は数値が高くなります。
数値が低い場合は、ウイルス感染症、薬物アレルギー、再生不良性貧血などが疑われます。

[白血球] 検査結果の見方

要受診 要注意 基準値 要注意 要受診
2.5以下 2.6〜3.1 3.2〜8.5 8.6〜8.9 9.0以上

(単位:10の3乗/μl(マイクロリットル)

喫煙者は非喫煙者に比べ、数値が高くなります。また、激しい運動や入浴、ストレスなどにより、一時的に数値が高くなることがあります。食後にも数値が高くなる場合があるので、検査のタイミングに気をつけましょう。

[白血球] で見つけられる病名

【基準値以下】

ウイルス感染症、再生不良性貧血、脾機能亢進症、薬剤アレルギーなど

【基準値以上】

扁桃炎、胃炎、肺炎などの細菌感染や気管支炎などの炎症、または白血病、敗血病など

2009/01/15 更新

人間ドックを探す

関連記事

「この検査は何のため?」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > 白血球