血液像,白血球分画の検査の目的を解説。人間ドックや検診で早期発見・早期治療を。

人間ドックのここカラダ > この検査は何のため? > 血液像(白血球分画)

この検査は何のため?|目的から結果の見方まで

血液像(白血球分画)

[血液像(白血球分画)] 検査の目的

白血球の数値異常などが原因の病気を調べるとき、5種類からなる白血球(分画)の割合を抽出して、どの分画に異常があるのかをみます。
その5種とは、好中球、好酸球、好塩基球、単球、リンパ球で、各々の増減で感染症や炎症など疑われる症状も異なります。

[血液像(白血球分画)] 検査結果の見方

基準値
好中球
40.0~70.0前後
好酸球
0.5~10.0前後
好塩基球
0.3~2.0前後
単球
4.0~10.0前後
リンパ球
20.0~45.0前後

(単位:%)

血液像検査では、白血球100個に含まれる5種類それぞれの割合を%であらわします。基準値は男女で若干異なりますが、基準値内の割合であれば正常といえます。基準値の範囲外になると、割合の高低で疑われる病気が変わります。

[血液像(白血球分画)] で見つけられる病名

【減少】

  • 好中球 : 急性白血病、結核、チフス、マラリアなど
  • 好酸球 : 悪性貧血、再生不良性貧血など
  • 単球 : 敗血症、悪性貧血など
  • リンパ球 : 白血病、悪性リンパ腫、リンパ節炎など

【増加】

  • 好中球 : 白血病、肺炎、脳炎、骨髄炎など
  • 好酸球 : ぜんそく、アレルギー性皮膚炎、寄生虫疾患など
  • 好塩基球慢性白血病、多血症など
  • 単球 : 麻疹、水痘など
  • リンパ球 : 結核、梅毒、バセドウ病、百日咳など

2009/01/15 更新

人間ドックを探す

関連記事

「この検査は何のため?」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > この検査は何のため? > 血液像(白血球分画)