HDLコレステロール,善玉コレステロールの検査の目的を解説。人間ドックや検診で早期発見・早期治療を。

人間ドックのここカラダ > この検査は何のため? > HDL(善玉)コレステロール

この検査は何のため?|目的から結果の見方まで

HDL(善玉)コレステロール

[HDL(善玉)コレステロール] 検査の目的

血液中に含まれるHDLコレステロールの値を調べます。HDLコレステロールは善玉コレステロールと呼ばれ、血液中のLDL(悪玉)コレステロールを回収します。HDLコレステロールの値を調べることで、動脈硬化などのリスクがわかります。

[HDL(善玉)コレステロール] 検査結果の見方

要受診 要注意 基準値 要注意
29以下 30~39 40~119 120以上

(単位:mg/dl)

善玉コレステロールの値が低いと悪玉コレステロールが増加するため、動脈硬化などのリスクが高まります。そのため一般的に善玉コレステロールの値が高い人は長生きする、と言われていました。ところが、なかにはコレステロール転送たんぱく欠損症によって値が高くなることもあります。この場合、動脈硬化の発症や進行の原因となるため、基準値を上回っていても注意が必要です。

[HDL(善玉)コレステロール] で見つけられる病名

【基準値以下】

脂質代謝異常、動脈硬化、糖尿病、心筋梗塞、高血圧など

【基準値以上】

コレステロール転送たんぱく欠損症

2009/01/15 更新

人間ドックを探す

関連記事

「この検査は何のため?」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > この検査は何のため? > HDL(善玉)コレステロール