LDLコレステロール,悪玉コレステロールの検査の目的を解説。人間ドックや検診で早期発見・早期治療を。

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > LDL(悪玉)コレステロール

この検査は何のため?|目的から結果の見方まで

LDL(悪玉)コレステロール

[LDL(悪玉)コレステロール] 検査の目的

LDLコレステロールは、肝臓で作られたコレステロールを体の末端まで運ぶ役割をもっています。血管を詰まらせたり動脈硬化を促進させるため、悪玉コレステロールと呼ばれるものです。動脈硬化のリスクを調べることができます。

[LDL(悪玉)コレステロール] 検査結果の見方

要注意 基準値 要注意 要受診
59以下 60~119 120~139 140以上

(単位:mg/dl)

血液中のコレステロールのうち、2/3はLDLコレステロールが占めているともいわれています。異常値の場合は、コレステロールを多く含む、鶏卵、魚卵などの食品を控え、適度な運動を行いましょう。
また、冠動脈疾患を起こしたことがある場合は、基準値内でも治療の対象となることがあります。

[LDL(悪玉)コレステロール] で見つけられる病名

【基準値以下】

肝硬変、甲状腺機能亢進症など

【基準値以上】

動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、高LDLコレステロール血症、糖尿病、甲状腺機能低下症など

2009/01/15 更新

人間ドックを探す

関連記事

「この検査は何のため?」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > LDL(悪玉)コレステロール