ALT,GPTの検査の目的を解説。人間ドックや検診で早期発見・早期治療を。

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > ALT (GPT)

この検査は何のため?|目的から結果の見方まで

ALT (GPT)

[ALT (GPT)] 検査の目的

ALT (GPT)はアミノ酸を作り出す酵素のひとつです。肝臓と腎臓に存在します。肝臓もしくは腎臓の細胞が壊れると血液中に流れ出すため、これらの臓器の障害を発見する重要な手がかりです。
AST (GOT)との比較により、さらに詳しく病気の情報を得ることができます。

[ALT (GPT)] 検査結果の見方

基準値 要注意 要受診
30以下 31〜50 51以上

(単位:IU/l)

GPTは肝臓と腎臓にしか存在しないため、数値に異常があった場合は、どちらかの障害を疑います。
肝機能は、甲状腺機能亢進症、溶血性疾患などの影響を受けるため、これらの疾患の際も、数値は上昇します。

[ALT (GPT)] で見つけられる病名

【基準値以下】

問題なし

【基準値以上】

急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、脂肪肝、肝臓がん、アルコール性肝炎、劇症肝炎、甲状腺機能亢進症、筋ジストロフィーなど

2009/01/15 更新

人間ドックを探す

関連記事

「この検査は何のため?」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > ALT (GPT)