γ-GTPの検査の目的を解説。人間ドックや検診で早期発見・早期治療を。

人間ドックのここカラダ > この検査は何のため? > γ-GTP

この検査は何のため?|目的から結果の見方まで

γ-GTP

[γ-GTP] 検査の目的

たんぱく質を分解する酵素です。腎臓に多く含まれ、膵臓、肝臓、脾臓などにも含まれています。毒性に敏感で、アルコールや薬剤による肝細胞の異常が生じると、数値が高くなります。がんや結石がつまったときにも大きく反応します。

[γ-GTP] 検査結果の見方

基準値 要注意 要受診
50以下 51~100 101以上

(単位:IU/l)

乳幼児から若年層までは低め、また女性は男性より低い値が出ます。肝臓や胆道に異常があると、ほかの酵素より早く反応する特徴があります。
男性で100以上、女性で40以上の数値が出ると、危険域と考えて、精密検査を受ける、アルコールを控えるなどの対策をとりましょう。

[γ-GTP] で見つけられる病名

【基準値以下】

問題なし

【基準値以上】

アルコール性肝炎、慢性肝炎、急性肝炎、薬剤性肝障害、胆汁うっ血、肝硬変、胆管結石、胆管がん、膵臓がんなど

2009/01/15 更新

人間ドックを探す

関連記事

「この検査は何のため?」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > この検査は何のため? > γ-GTP