人間ドックの予約者数No.1サイト

(株)東京商工リサーチ調べ(2018年6月時点)

ALP(アルカリ性フォスファターゼ)の検査の目的を解説。人間ドックや検診で早期発見・早期治療を。

ポンタ
ログインするマイページ

ALP(アルカリ性フォスファターゼ)の検査は何のため? 目的から結果の見方まで

目次

ALP(アルカリ性フォスファターゼ)検査の目的

ほとんどの臓器や組織に含まれる酵素です。肝臓、小腸、胎盤、骨などに多く含まれ、これらに異常が生じると、数値が高くなります。そのため肝機能の異常や、肝臓から十二指腸への胆汁の動き、悪性腫瘍が骨に転移していないか、などがわかります。

ALP(アルカリ性フォスファターゼ)検査結果の見方

要注意 基準値 要注意 要受診
79以下 80~260 261~389 390以上
4NPP基質法(単位:IU/l)

ALPは検査方法によってその基準値が大きく異なります。

  • P-NP法 58~200(IU/l)
  • 4-NPP基質法 80~260(IU/l)
  • GSCC準拠法 60~240(IU/l)
  • キンド・キング法 3~10(KA)

などです。 検査結果表に検査方法を書いていない場合は、受診施設に問い合わせてもいいでしょう。
また、女性より男性の方がやや高く、小児は成人よりも高い数値となります。食事の影響も受け、食後は数値が上昇します。空腹時に採血しましょう。

ALP(アルカリ性フォスファターゼ)で見つけられる病名

【基準値以下】
亜鉛欠乏、甲状腺機能低下症、遺伝など
【基準値以上】
急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、胆管結石、胆管がん、潰瘍性大腸炎、骨折、甲状腺機能亢進症、骨腫瘍など

関連記事

2018年7月25日 更新

監修:みかわしまタワークリニック

院長 大森 一光

人間ドック・がん検診を探す

  • 人間ドックで受ける数々の検査『この検査は何のため?』~目的から結果の見方まで~
  • 『気になるあれこれQ&A』基礎知識・施設選び・受診のコツ・検査結果の活かし方
  • 『あなたへのメッセージ』予防・早期発見の大切さを伝える言葉
  • 『わたしの体験談』人間ドック・がん検診を受診した人の声を集めました
  • 読者のみなさんから寄せられた『受診して良かった!/受診せず後悔したエピソード』