B型肝炎ウイルス,HBs抗原,HBs抗体の検査の目的を解説。人間ドックや検診で早期発見・早期治療を。

人間ドックのここカラダ > この検査は何のため? > B型肝炎ウイルス(HBs抗原、HBs抗体)

この検査は何のため?|目的から結果の見方まで

B型肝炎ウイルス(HBs抗原、HBs抗体)

[B型肝炎ウイルス(HBs抗原、HBs抗体)] 検査の目的

HBs抗原はB型肝炎を引き起こすウイルスです。それに対し、HBs抗原に反応して免疫作用をもつ物質がHBs抗体です。血液からこれらの物質を抽出し、肝炎ウイルスによる感染症の有無や肝硬変、肝臓がんなどの肝臓障害のリスクを調べます。

[B型肝炎ウイルス(HBs抗原、HBs抗体)] 検査結果の見方

基準値
HBs抗原が
陰性(-)

HBs抗原が陽性を示し、HBs抗体が陰性で体内に存在しなければB型肝炎に感染している状態です。また、HBs抗体が陽性であれば過去に感染歴があり、かつ体内に免疫作用を備えていることになります。

[B型肝炎ウイルス(HBs抗原、HBs抗体)] で見つけられる病名

【陽性】

急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんなど

2009/01/15 更新

人間ドックを探す

受けたい検査をチェック!

  •  B型C型肝炎ウイルス検査
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

関連記事

「この検査は何のため?」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > この検査は何のため? > B型肝炎ウイルス(HBs抗原、HBs抗体)