甲状腺ホルモン(TSH、T3、T4)の検査は何のため? 目的から結果の見方まで

目次

甲状腺ホルモン(TSH、T3、T4)検査の目的

甲状腺とは気管の前部、ちょうどのどのあたりに位置する、ホルモンを分泌する器官です。T3・T4とは、血液中の甲状腺ホルモンのことで、糖の代謝やたんぱく質合成など、人間のエネルギー代謝をおこなうために分泌される物質です。TSHは脳から分泌される甲状腺刺激ホルモンのことで、T3・T4の調節機能をもちます。これらを調べてホルモンの分泌異常がないかを調べます。

甲状腺ホルモン(TSH、T3、T4)検査結果の見方

要受診 基準値 要受診
T3 : 2.5未満
T4 : 0.8未満
TSH : 0.34未満
T3 : 2.5~5.0
T4 : 0.8~1.7
TSH : 0.34~4.0
FT3(T3) : 5.1以上
FT4(T4) : 1.8以上
TSH : 4.01以上
(単位:FT3(T3):pg/ml FT4(T4):ng/ml TSH:μIU/ml)

T3・T4の検査は、実際にはホルモンとして作用するFT3(遊離T3)、FT4(遊離T4)の数値を検出します。数値からは、甲状腺ホルモンの過剰分泌によってFT3・FT4の数値が高く、TSHの数値が低ければ甲状腺機能亢進症(バセドウ病)、逆に甲状腺ホルモンの分泌が少なければ甲状腺機能低下症(粘液水腫など)といった症状が考えられます。 この検査では、甲状腺の腫瘍の有無はわかりません。

甲状腺ホルモン(TSH、T3、T4)で見つけられる病名

【FT3・FT4が基準値以上、かつTSHが基準値以下】
甲状腺機能亢進症(バセドウ病)、甲状腺炎など
【FT3・FT4が基準値以下、かつTSHが基準値以上、またはTSHが基準値以上のみ】
甲状腺機能低下症(粘液水腫など)、甲状腺炎など

関連記事

2009年1月15日 更新

人間ドック・がん検診を探す

  • 人間ドックで受ける数々の検査『この検査は何のため?』~目的から結果の見方まで~
  • 『気になるあれこれQ&A』基礎知識・施設選び・受診のコツ・検査結果の活かし方
  • 『あなたへのメッセージ』予防・早期発見の大切さを伝える言葉
  • 『わたしの体験談』人間ドック・がん検診を受診した人の声を集めました
  • 読者のみなさんから寄せられた『受診して良かった!/受診せず後悔したエピソード』