IgE,アレルギーの検査の目的を解説。人間ドックや検診で早期発見・早期治療を。

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > IgE(アレルギー)

この検査は何のため?|目的から結果の見方まで

IgE(アレルギー)

[IgE(アレルギー)] 検査の目的

人間は外からの異物(抗原=アレルゲン)に対して抗体をつくり、体を守ろうとします。それが無害のものであっても抗原抗体反応となって過敏に反応してしまい、人にもよりますが、さまざまなアレルギー症状としてあらわれることがあるのです。
血液中のIgE(免疫グロブリンE)というたんぱく質はアレルギーと密接な関係があり、アレルゲンへの抗体反応を調べることができます。

[IgE(アレルギー)] 検査結果の見方

基準値

170~250未満

※成人と小児で基準値は異なり、小児は~20IU/ml程度

(単位:IU/ml)

IgE数値が正常値でも、IgE抗体が認められることもあります。また、IgE検査はアレルギー体質の診断、あるいは経過観察のために数値測定をおこなうものですが、ある特定のアレルギー反応を起こすアレルゲンを調べる場合には、特異的IgE検査が有効です。また、直接皮膚に物質をあててアレルギー反応をみる、テープ貼付け式のパッチテストもあります。

[IgE(アレルギー)] で見つけられる病名

アレルギーの原因となるアレルゲンは、食品や花粉、カビやダニといったハウスダストに薬品とじつにさまざまな種類があります。アレルギー症状も発疹、かゆみ、涙、くしゃみ、鼻水、発熱、ひどくなると運動によるショック症状を引き起こすこともあります。

2009/01/15 更新

人間ドックを探す

受けたい検査をチェック!

  •  アレルギー検査
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

関連記事

「この検査は何のため?」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > IgE(アレルギー)