CEAの検査の目的を解説。人間ドックや検診で早期発見・早期治療を。

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > CEA

この検査は何のため?|目的から結果の見方まで

CEA

[CEA] 検査の目的

がんになると発生する特殊なたんぱく質やホルモン、酵素などの有無を検査し、がん発見の手がかりとしてスクリーニングするのが腫瘍マーカーです。がんができる部位によって発生する物資は違うため、腫瘍マーカーの種類もさまざまです。
CEAは胎児の消化器組織にあるたんぱく質の一種で、成人でも胃がん、大腸がん、すい臓がんなどの消化器系のがんにみられます。

[CEA] 検査結果の見方

基準値
2.5以下
(RIA法)

(単位:ng/ml)

CEA値あらゆるがんにおいて数値が高くなるため、CEA検査のみでは特定が難しく、また値が高ければ即がんというわけでもありません。
ただ多いとされるのは消化器系の臓器で、胃や腸の内視鏡検査、X線検査など他の検査と複合的に組み合わせて、がんを確定させるための目安とします。

[CEA] で見つけられる病名

大腸がん、胃がん、すい臓がん、肺がん、肝臓がん、食道がん、乳がん、子宮がん、卵巣がんなど

2009/01/15 更新

人間ドックを探す

受けたい検査をチェック!

  •  腫瘍マーカー(胃がん)
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

関連記事

「この検査は何のため?」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > CEA