AFPの検査の目的を解説。人間ドックや検診で早期発見・早期治療を。

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > AFP

この検査は何のため?|目的から結果の見方まで

AFP

[AFP] 検査の目的

がんになると発生する特殊なたんぱく質やホルモン、酵素などの有無を検査し、がん発見の手がかりとしてスクリーニングするのが腫瘍マーカーです。がんができる部位によって発生する物資は違うため、腫瘍マーカーの種類もさまざまです。
AFPは妊娠中の胎児期の肝臓でつくられるたんぱく質で、出生後健康体であれば消失します。肝臓がんの腫瘍マーカーとして用いられます。

[AFP] 検査結果の見方

基準値
20以下
(RIA法)

(単位:ng/ml)

肝細胞に含まれかつ基準値を超えれば、肝臓がん、肝炎、肝硬変などを疑います。目安としては、数値が20~200ng/mlなら肝臓がんの可能性は低く、200ng/ml以上になると原発性肝細胞がんの疑いが強くなります。

[AFP] で見つけられる病名

肝臓がん、肝炎、肝硬変など

2009/01/15 更新

人間ドックを探す

受けたい検査をチェック!

  •  腫瘍マーカー(肝臓がん)
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

関連記事

「この検査は何のため?」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > AFP