尿潜血の検査の目的を解説。人間ドックや検診で早期発見・早期治療を。

人間ドックのここカラダ > この検査は何のため? > 尿潜血

この検査は何のため?|目的から結果の見方まで

尿潜血

[尿潜血] 検査の目的

尿中に赤血球が混じっているかを調べます。いわゆる赤色の血尿とは違い、肉眼では見えないほどの赤血球がある尿のことです。腎臓や膀胱、尿路に異常があると尿潜血の反応が出ます。

[尿潜血] 検査結果の見方

基準値 要受診
陰性(-) 陽性(+)

尿を採取し、試験紙の反応をみて陽性・陰性を評価します。健康な人でも尿にわずかな潜血がみられる場合もあります。尿潜血検査だけでは、泌尿器系のどこに異常があるのかはっきりと特定できません。さらに尿中の赤血球数を調べるなど、精密検査が必要となります。

[尿潜血] で見つけられる病名

【陽性(+)の場合(疑われる病気として)】

腎炎、膀胱炎、尿道炎、前立腺炎、腎結石、尿路結石、腫瘍など

2009/01/15 更新

人間ドックを探す

「この検査は何のため?」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > この検査は何のため? > 尿潜血