胸部単純X線撮影の検査の目的を解説。人間ドックや検診で早期発見・早期治療を。

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > 胸部単純X線撮影

この検査は何のため?|目的から結果の見方まで

胸部単純X線撮影

[胸部単純X線撮影] 検査の目的

肺や心臓、左右の肺の間にある縦隔などをX線照射して平面撮影し、濃淡をみる検査です。胸部臓器の形状をチェックし、病巣の広がりなどもわかります。比較的簡単な検査なので、健康診断などにおける初期検査に用いられます。

[胸部単純X線撮影] 検査結果の見方

健康であれば肺は黒、心臓や肋骨などは白く写し出されます。肺に腫瘍や炎症など異常がある場合は白い影となって写し出され、その大きさもわかります。あわせて心臓肥大や縦隔の病気なども発見できます。異常が認められた場合、医師の診断のもと断層撮影をおこなうなどして、さらにくわしく検査します。

[胸部単純X線撮影] で見つけられる病名

肺炎、肺結核、肺がん、心臓肥大、胸膜炎など

[胸部単純X線撮影] のメリット・デメリット、注意点

放射線を用いるX線撮影では、被ばく量はわずかですが頻繁に撮影はできません。また妊婦は、胎児への影響が懸念されることから慎重に撮影する必要があります。

2009/01/15 更新

人間ドックを探す

受けたい検査をチェック!

  •  胸部単純X線撮影
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

「この検査は何のため?」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > 胸部単純X線撮影