肺機能,スパイロメトリーの検査の目的を解説。人間ドックや検診で早期発見・早期治療を。

人間ドックのここカラダ > この検査は何のため? > 肺機能(スパイロメトリー)

この検査は何のため?|目的から結果の見方まで

肺機能(スパイロメトリー)

[肺機能(スパイロメトリー)] 検査の目的

スパイロメーターという測定装置を使って肺活量や換気量を調べます。ホース状の酸素吸入口に口をあて、息を大きく吸って吐き出します。呼吸器系の病気がないかをみる検査です。

[肺機能(スパイロメトリー)] 検査結果の見方

基準値 要受診

努力性肺活量
(cc)
男性 : 3500
女性 : 2500

%肺活量
(%VC)
80%以上

1秒率(FEV1.0%)
70%以上

%肺活量 : 80%未満
1秒率 : 70%未満

(単位:mg)

数値は、1回の呼吸量で計測する努力性肺活量(FVC)がまずあります。成人の男性で3500cc、女性で2500ccが基準値です。より正確な数値を導くなら、年齢や身長を使って計算で求めた予測肺活量で努力性肺活量を割った%肺活量(%VC)、1秒間あたりの吐き出せる呼吸量を努力性肺活量で割った1秒率(FEV1.0%)などがあります。

<予測肺活量の計算>

男性:(27.63-0.122×年齢)×身長(cm)
女性:(21.78-0.101×年齢)×身長(cm)

<%肺活量の計算>

努力性肺活量÷予測肺活量×100

<1秒率の計算>

最初の1秒間で排出された肺活量÷努力性肺活量×100

[肺機能(スパイロメトリー)] で見つけられる病名

【%肺活量の低下】

拘束性換気障害…肺炎、結核後遺症、肺繊維症、胸膜疾患、胸郭異常など

【1秒率の低下】

閉塞性換気障害…肺気腫、気管支ぜんそく、気管支炎など

2009/01/15 更新

人間ドックを探す

受けたい検査をチェック!

  •  肺機能検査(スパイロメトリー)
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

「この検査は何のため?」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > この検査は何のため? > 肺機能(スパイロメトリー)