便潜血反応の検査の目的を解説。人間ドックや検診で早期発見・早期治療を。

人間ドックのここカラダ > 大腸がん検査・検診の予約 > 便潜血反応

この検査は何のため?|目的から結果の見方まで

便潜血反応

[便潜血反応] 検査の目的

胃から大腸までの消化管の中で出血があると、便に血が混じることがあります。肉眼ではわからない程度の少量の出血をチェックできます。

[便潜血反応] 検査結果の見方

基準値 要検査
陰性(-)潜血が認められない 陽性(+)潜血が認められる

検査は便を採取して、血液中のヘモグロビンに反応する試薬を使って免疫学的便潜血検査をおこないます。出血が認められなければ陰性、陽性なら上部・下部消化管のいずれかで出血をともなう病気の可能性があります。ただし、1回の検査では不確かなため数回おこなうことがふつうです。大腸がんの初期検査として有効です。

[便潜血反応] で見つけられる病名

食道・胃・十二指腸・小腸・大腸など消化管のがん、かいよう、ポリープなど

2009/01/15 更新

大腸がん検診を探す

受けたい検査をチェック!

  •  便潜血検査
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

「この検査は何のため?」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 大腸がん検査・検診の予約 > 便潜血反応