腹部超音波,腹部エコーの検査の目的を解説。人間ドックや検診で早期発見・早期治療を。

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > 腹部超音波(腹部エコー)

この検査は何のため?|目的から結果の見方まで

腹部超音波(腹部エコー)

[腹部超音波(腹部エコー)] 検査の目的

腹部に超音波を発信し、その反射波(エコー)を利用して画像化・解析する検査です。ゼリー剤を塗った腹部にプローブ(探触子)をあて、その様子をモニターで確認します。主に肝臓、胆のう、すい臓、ひ臓、腎臓などの臓器に異常がないかをみます。(膀胱に尿が溜まっているなど)条件がよければ子宮、卵巣、膀胱、前立腺も観察できます。

[腹部超音波(腹部エコー)] 検査結果の見方

臓器の大きさや動きを超音波がとらえ、エコーの性質を利用して白く濃淡のついた画像を浮かび上がらせます。腫瘍や結石、異物などの存在もわかります。血流の速度や方向を調べたい時は、血流を立体化させるカラードップラー法を使って検査します。

[腹部超音波(腹部エコー)] で見つけられる病名

肝臓がん、肝硬変、脂肪肝、肝のう胞、胆のうがん、胆のうポリープ、胆石症、すい臓がん、すいのう胞、腎臓がん、その他腹部大動脈瘤など

[腹部超音波(腹部エコー)] メリット/デメリット

エコー(超音波)検査はX線検査とは違い被ばくすることがありません。胎児にも使えるほど安全で、苦痛もなく手間もかからないため、簡易健康診断などで腹部を調べる際の基本的な検査として用いられている点で、広範に使い勝手のよい検査といえます。 エコー検査では、医師が直接検査する場合を除き、検査技師が医師が誤診見落としをしない良好な画像を提供します。検査を行う医師・技師の技量によるところが大きいことがデメリットとして挙げられます。 また、、ガスや便が溜まっていると見えづらく、膀胱に尿が溜まっていると見えやすい、など条件により見え方が異なります。

2009/01/15 更新

人間ドックを探す

受けたい検査をチェック!

  •  腹部エコー(超音波)
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

関連記事

「この検査は何のため?」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > 腹部超音波(腹部エコー)