安静時心電図の検査の目的を解説。人間ドックや検診で早期発見・早期治療を。

人間ドックのここカラダ > この検査は何のため? > 安静時心電図

この検査は何のため?|目的から結果の見方まで

安静時心電図

[安静時心電図] 検査の目的

心筋の収縮運動の際に発生する微電流を計測し、波形にあらわして記録するのが心電図検査です。連続する波長の長さや間隔が均一であれば正常、不均一なら脈が乱れていることがわかり、不整脈、狭心症、心筋梗塞などの心臓疾患が疑われます。両手足と胸部の皮膚に直接電極を取り付けて測定します。

[安静時心電図] 検査結果の見方

血液は心房から心室を通って体全身に送られます。心電図にあらわれる波形は、心房から心室までの収縮運動1回分をひと山として折れ線グラフ化したものです。
まず心房(右心房にある洞結節が電流による刺激をキャッチし基点となる)の収縮をP波として、P〜Q波までで心室に電流が伝わり興奮するまでの時間をさします。Q・R・S波(山形となる部分)の段階で心室の収縮にうつり、やがてS・T波で収縮も終わって興奮も冷め、またP波に戻ります。
このとき波形のリズムが一定でなければ、たとえば全体的に細かな揺れがあれば心房細動、P波から次のP波までの間隔が狭くなったり、広くなったりすると不整脈、ST波のところで下降がみられれば狭心症、といったような疾患の可能性があります。

[安静時心電図] で見つけられる病名

不整脈、狭心症、心筋梗塞、心筋症、心室肥大など

2009/01/15 更新

心臓ドックを探す

受けたい検査をチェック!

  •  安静時心電図
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

「この検査は何のため?」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > この検査は何のため? > 安静時心電図