ホルター型心電図の検査の目的を解説。人間ドックや検診で早期発見・早期治療を。

人間ドックのここカラダ > この検査は何のため? > ホルター型心電図

この検査は何のため?|目的から結果の見方まで

ホルター型心電図

[ホルター型心電図] 検査の目的

短時間の心電図では異常が見つからない、しかしわずかな不整脈や狭心症などが疑われる場合には、24時間1日の生活を通して心臓の動きを記録しておく、ホルター型心電図を用います。1日の記録を計測するため、電極は就寝時にも付けておき、入浴は厳禁となります。

[ホルター型心電図] 検査結果の見方

胸部にやや小型の電極、腰に記録装置を取り付け、その上から衣服を着ます。24時間の記録をとった後、医療機関でデータを解析して波形に異常がないか診断します。
波形の特徴からわかる疾患には、P波から次のP波までの間隔が狭い、あるいは広ければ不整脈、ST波のところで下降がみられれば狭心症といったことがわかります。

[ホルター型心電図] で見つけられる病名

不整脈、狭心症、心筋梗塞、心筋症、心室肥大など

2009/01/15 更新

心臓ドックを探す

受けたい検査をチェック!

  •  ホルター型心電図
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

「この検査は何のため?」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > この検査は何のため? > ホルター型心電図