経膣超音波,経膣エコーの検査の目的を解説。人間ドックや検診で早期発見・早期治療を。

人間ドックのここカラダ > 子宮頸がん (子宮がん)検診・検査の予約 > 経膣超音波(経膣エコー)

この検査は何のため?|目的から結果の見方まで

経膣超音波(経膣エコー)

[経膣超音波(経膣エコー)] 検査の目的

プローブ(探触子)を挿入し、子宮や卵巣の病変を超音波を使ってモニターに写し出します。子宮がんや卵巣がん、子宮筋腫、卵巣のう腫などの診断に使われます。

[経膣超音波(経膣エコー)] 検査結果の見方

モニター画像には、子宮内部の体がん、子宮壁の平滑筋にできる子宮筋腫、卵巣の大きさ、卵巣のう腫、卵巣がんなどの陰影が写し出されます。

[経膣超音波(経膣エコー)] で見つけられる病名

子宮体がん、子宮筋腫、卵巣がんなど

[経膣超音波(経膣エコー)] メリット/デメリット

エコー(超音波)検査はX線検査とは違い被ばくすることがありません

2009/01/15 更新

子宮がん検診を探す

受けたい検査をチェック!

  •  経膣エコー(超音波)
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

「この検査は何のため?」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 子宮頸がん (子宮がん)検診・検査の予約 > 経膣超音波(経膣エコー)