骨盤腔MRIの検査の目的を解説。人間ドックや検診で早期発見・早期治療を。

人間ドックのここカラダ > 子宮頸がん (子宮がん)検診・検査の予約 > 骨盤腔MRI

この検査は何のため?|目的から結果の見方まで

骨盤腔MRI

[骨盤腔MRI] 検査の目的

MRIは、電磁波に共鳴しやすい水素の性質を利用した検査です。骨盤部にある膀胱、膣、子宮、卵巣、前立腺など、大きさや形状、がんなど病変の診断に使われます。

[骨盤腔MRI] 検査結果の見方

全方位的に断層画像が得られるMRIを使えば、子宮内部のようすや卵巣の大きさなどがひと目でわかり、子宮がんや子宮筋腫、卵巣がんなど病変のある場所、形や広がりの特定に役立ちます。

[骨盤腔MRI] で見つけられる病名

子宮頸がん、子宮体がん、子宮筋腫、卵巣がんなど

[骨盤腔MRI] メリット/デメリット

検査時間が30分程度と多少かかるうえに、工事音のような騒音がうるさくて気分が落ち着かない、気持ち悪いなどの影響が考えられます。そのときは無理に我慢せず、取り付けられたマイクで伝えるようにしましょう。 X線を用いないので被ばくの心配はありません。ただし、磁気を用いるため、ペースメーカーを装着している人や、アクセサリーなど金属を体につけたままでは検査できません。

2009/01/15 更新

子宮がん検診を探す

受けたい検査をチェック!

  •  骨盤腔MRI
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

「この検査は何のため?」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 子宮頸がん (子宮がん)検診・検査の予約 > 骨盤腔MRI