骨密度,骨粗しょう症の検査の目的を解説。人間ドックや検診で早期発見・早期治療を。

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > 骨密度

この検査は何のため?|目的から結果の見方まで

骨密度

[骨密度] 検査の目的

骨に含まれるカルシウム量から骨の強度や密度を調べる検査です。骨量は成長期に増加し、30~40歳代でピークに、それ以降は減少していきます。主に骨量減少によって骨折しやすくなる、骨粗しょう症を診断します。

[骨密度] 検査結果の見方

要受診 要注意 基準値
70%未満 70~80% 80%以上

(単位:若年成人の骨密度平均値(YAM)を基準とする)

検査法はさまざまあります。手の指の骨量を測定するMD法、腰椎や大腿骨を中心に体全体の骨量を測定できるDXA法、足を測定器に載せる超音波法などがあります。 骨量の計測は、若年成人(20~40歳)の数値を基準値として、骨密度が80%異常であれば正常、80%未満で骨量減少、70%未満で骨粗しょう症が疑われます。

[骨密度] で見つけられる病名

骨粗しょう症、カルシウム代謝異常など

[骨密度] メリット/デメリット

骨量は年齢が上がるとともに減少するので、骨粗しょう症が多いのは高齢者であるのが一般的です。しかし、カルシウム不足の影響からか、若年齢層の骨粗しょう症やカルシウム代謝異常などが増加しているのが実態です。「若いから検査を受けなくていい」などと甘い認識をもたないことが大切です。

2009/01/15 更新

人間ドックを探す

受けたい検査をチェック!

  •  骨密度検査
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

「この検査は何のため?」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > 骨密度