南ヶ丘病院のカメラが苦手な人の為の採血・画像検査でがん検診(男性用)

さん (0ポイント利用可能) ポイントが利用できません。こちらから設定変更が必要です。

dポイント Pontaポイント リクルートポイント

ポイントが最大3%たまる・つかえる!

dポイント Pontaポイント

ポイントが最大3%たまる・つかえる!

人間ドックのここカラダ予約して

人間ドックのここカラダのポイントサービスが、
dポイントPontaポイントの2つから選べるようになりました!

dポイント Pontaポイント

人間ドックのここカラダのご予約で、普段お使いの
dポイントやPontaポイントをお使いいただけます。

詳しくはこちら

ご利用前にご確認ください

会員の方
じゃらんやホットペッパーと共通の「リクルートID」にすでにご登録の方は、こちらから利用するポイントを選べます。
はじめてご利用の方
dポイントもPontaポイントも未登録の方は、あらかじめ会員登録をしておくと便利です。こちらから会員へご登録ください。
閉じる
Ponta dPOINT 人間ドックのここカラダで予約してお好きなポイントを選んで・貯めて・使って・楽しもう!詳しくはこちら

南ヶ丘病院

カメラが苦手な人の為の採血・画像検査でがん検診(男性用)

料金
95,655
カメラが苦手な人の為の採血・画像検査でがん検診(男性用)
南ヶ丘病院 (石川県 野々市市)
石川県野々市市西部中央土地区画整理事業施行地区56街区1番 地図・アクセス
野々市駅
休診日:日曜・祝祭日・年末年始(12月30日~1月3日)・盆(8月15日)

検査項目※アイコンにマウスを重ねると検査内容の説明が表示されます

  • 胸部CT X線を使って胸部の断層写真を撮影する検査方法で、胸部X線検査で肺がんや胸部の病気が疑われた場合に実施する事が多い検査法です。
  • 胃カメラ 口から内視鏡を挿入し、食道・胃・十二指腸の病変を直接観察する検査方法です。
  • 経鼻胃カメラ 鼻から内視鏡を挿入し、食道・胃・十二指腸の病変を直接観察する検査方法です。
  • 大腸カメラ 肛門から内視鏡を挿入し、大腸(回盲部~結腸~直腸~肛門まで)の粘膜の状態を直接観察する検査方法です。
  • 大腸3D-CT CT技術を使って薄い断面を撮影し、そのデータをもとに大腸内部を立体構造として三次元に描き出し観察する方法です。
  • 心電図 心臓の活動の様子を、グラフの形に記録することで心臓の動きを調べる検査方法です。
  • 心エコー 超音波を用いて心臓の様子(大きさ・動き・心筋や弁の状態など)を観察する検査方法です。
  • 冠動脈CT X線を使って心臓の断層写真を撮影する検査方法で、血管の性状から心臓の状態や働きを詳しく観察します。

検査詳細

検査内容 対象となる主な疾患
血液検査 [腫瘍マーカー検査] 検査に含まれる
[腫瘍マーカー検査が対象とする『がん』] 肺がん 肺がん
肝臓がん 肝臓がん
胃がん 胃がん
大腸がん 大腸がん
すい臓がん すい臓がん
前立腺がん 前立腺がん
画像診断 [CT検査] 胸部CT検査 肺結核、肺炎、肺癌
腹部CT検査 胆石、膵炎、肝臓・膵臓がん、大動脈疾患
内臓脂肪計測目的CT検査 メタボリックシンドローム、生活習慣病
[超音波検査(エコー検査)] 腹部エコー検査 胆石、膵炎、肝臓・膵臓がん
前立腺エコー検査 前立腺がん、前立腺肥大症
甲状腺エコー検査 甲状腺がん、バセドウ病、橋本病
画像診断体制 [読影(画像診断)] 医師2名が読影(画像診断)
専門医対応 [読影・問診・判定のいずれかを担当する医師] 日本医学放射線学会認定 放射線科専門医
日本消化器病学会認定 消化器病専門医

検査条件

所要時間 食事 検査開始時間 結果説明(面談) 土曜・日曜検査実施
1時間未満

1時間未満

食事なし

無し

午前

8時台/9時台/10時台/11時台

検査コースの特徴

説明
◆胃・大腸カメラは苦手だけど、がんが心配な方にお勧め人間ドックです。
◆胃癌・大腸癌は心配だけど、カメラやバリウム検査は苦手、怖いという方にお勧めのマイクロアレイという新しい検査を含むコースです。
 (マイクロアレイは、血液で消化器系のがんを遺伝子レベルで判定するための検査です。)
◆他にも腫瘍マーカーは男性特有の前立腺がんを含む、肝癌、膵癌、胆のう癌、大腸、肺など幅広く検査。CT、超音波検査とあわせて総合的にがんのリスクの早期発見を目指します。
◆苦痛を抑えるよう心掛けています。スタッフが丁寧に案内・検査いたします。
◆検査時間は1時間弱と短時間での検査が可能で、お忙しい方にもお勧めです。
注意事項
◆下記項目に該当する方はMR・CT検査をご受診いただくことができない場合がございます。ご予約の際に必ずご相談をお願い致します。
・心臓ペースメーカー、除細動器、刺激電極などを身につけている方
・手術により体内に金属(インプラント含む)を入れている方
・刺青やアートメイクをされている方