胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの病気を人間ドックや検診で早期発見・早期治療。

人間ドックのここカラダ > 気になる病名から検査を探す > 胃潰瘍・十二指腸潰瘍

気になる病名から検査を探す

胃潰瘍・十二指腸潰瘍


若い男性に多い十二指腸潰瘍、中高年男性に多い胃潰瘍

胃は大きさ25cm程度の臓器で、その容積は空腹時では50mlほどですが、食物が入ると2リットルぐらいまで膨張します。胃は食べたものをおかゆ状にして消化するために、強酸性の胃液を毎日2リットル以上分泌しますが、この胃液が、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの病気の原因にもなります。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の症状

胃潰瘍とは、何らかの原因で胃の消化液が胃壁の粘膜を消化してしまい、そこから炎症が生じて胃の筋層に潰瘍ができたものです。胃潰瘍の症状は、腹痛や胸やけ、げっぷ、吐血や下血などです。十二指腸潰瘍では、夜間や空腹時のみぞおち周辺の激痛、胸やけ、膨満感、出血などがあります。出血は吐血よりも下血や血便のほうが多くみられます。
十二指腸潰瘍は、胃潰瘍と同様の理由で胃の先にある十二指腸に潰瘍ができたものを指します。十二指腸潰瘍は胃潰瘍よりも治癒しやすいのですが、再発も多く、胃潰瘍が中高年男性に多いのに対して、十二指腸潰瘍は若い男性に多いのが特徴です。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の症状

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因と予防

胃潰瘍の原因には次のようなものがあります。

  • 胃液の成分のバランスが崩れて、胃酸やペプシンの分泌量が減る
  • 血行不順やその他の理由で胃の粘膜の抵抗力が落ちる
  • ヘリコバクターピロリ菌の感染によるもの
  • ストレスや加齢による胃粘膜の防御力低下

十二指腸潰瘍の原因は以下のとおりです。

  • 胃液の成分のバランスが崩れて、胃酸やペプシンの分泌量が増える(過酸状態)
  • 胃液が過剰に分泌される
  • 十二指腸の粘膜の抵抗力が落ちる
  • 消炎鎮痛剤やホルモン剤などの副作用
  • ストレスによるもの
胃潰瘍の予防法は、バランスのとれた食事を規則正しく朝昼晩と食べること。とりわけ、朝食を抜くことや、夜10時以降に夕食や夜食を摂ることは控えるようにしましょう。また早食いをしないようにして、よく噛んで、唾液と食物を混ぜることで、胃にかかる負担を軽減することができます。喫煙する人やアルコールを大量に飲む人、刺激物や熱い食べ物が好きな人も注意しましょう。ストレスやイライラを抱えている人や、常に時間に追われたり、プレッシャーを背負って責任を感じている人、それによって睡眠障害を起こしている人は、上手に気分転換をして、ストレスを解消しましょう。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍になりやすい人

胃潰瘍や十二指腸潰瘍になりやすい人の特徴は以下のとおりです。

  • 胃潰瘍は中高年男性、十二指腸潰瘍は若い男性
  • 刺激物や熱い食べ物を好む人
  • 暴飲、暴食をする人
  • 大量の飲酒や喫煙をする人
  • 早食いでよく噛まない人
  • 責任感が強くストレスやプレッシャーを感じやすい人
  • 時間に追われてイライラしている人
  • 心配事があって、常に不安を感じている人

胃潰瘍・十二指腸潰瘍検査の項目

触診 腹部の張りや異常などを医師が手で触って確認します
聴診 聴診器で聞こえる音で、胃や腸の動きを調べます
上部消化管造影X線撮影(胃バリウム) バリウム(造影剤)や発泡薬(胃を膨らませる薬)を飲んでX線をあてて画像を撮影して診断します
上部消化管内視鏡(胃カメラ) 口や鼻から小型カメラの付いた内視鏡を挿入して、胃や十二指腸の内側のようすを調べます

2009/03/05 更新

胃がん検診を探す

受けたい検査をチェック!

  •  胃バリウム(上部消化管造影X線撮影)
  •  胃カメラ(上部消化管内視鏡)
  •  経鼻胃内視鏡
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

「気になる病名から検査を探す」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 気になる病名から検査を探す > 胃潰瘍・十二指腸潰瘍