結核などの病気を人間ドックや検診で早期発見・早期治療。

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > 結核

気になる病名から検査を探す

結核


都市部や若者に流行する結核は自覚症状がなく広がる感染症です

結核は昭和25年までは日本人の死因の第1位でした。現在、患者は減少していますが、それでも毎年約4万人が罹患し、約2000人が死亡しているといわれています。最近では高齢者や都市部の若者の間で感染者が増える傾向にあり、感染予防に心がける必要があります。

結核とは

結核は、肺に感染する結核菌という細菌によって起こる病気です。感染した人のせきやくしゃみなどに含まれた結核菌が空気中に浮遊して飛沫感染することが発病の原因ですが、すべての人に感染するわけではなく、体に結核菌に対する免疫があれば発病しませんし、ほとんどの場合は体の抵抗力で、体外に排出されてしまいます。

結核の症状

結核菌の毒性は強くないので、すぐには症状が出ません。結核菌に感染しても発症するのは5〜10%程度で、発症するまでに約2年かかります。ただし、体の抵抗力が落ちやすい高齢者や栄養不足の人などは注意が必要で、初期の症状は風邪に似ていますが、微熱と咳や痰が2週間以上続くようだったら病院に行きましょう。

  • 食欲不振
  • 微熱が2週間以上も続く
  • 咳や痰がなかなか治まらない
  • 体重減少
  • 寝汗をかきやすく不眠が続く
  • 疲れやすくだるい

結核の原因と予防法

結核の発病は、細菌感染に加えて、体の抵抗力が落ちてしまうことにも原因があります。疲れやストレスを溜め込まずに、休養をしっかりとって、栄養をバランスよく補給しましょう。

結核にかかりやすい人

結核菌に感染しやすく、なおかつ発病のリスクが高い人は次のような特徴があります。

  • 高齢者
  • 栄養が不足している人
  • 体力が低下している人
  • HIV感染症(エイズ)患者
  • 人工透析を受けている人
  • 糖尿病患者

結核検査の項目

ツベルクリン反応 ツベルクリンという液を皮内注射して、結核菌の感染の有無を調べます。感染した人は、注射して48時間後に皮膚が赤くなります
胸部単純X線撮影 結核菌による病巣の位置や大きさ、空洞の有無などをX線画像で診断する検査です
結核菌 痰か咽頭液を3日間連続で採集して、結核菌の感染の有無を調べる検査です
喀痰細胞診 痰の中に結核菌が含まれているかどうかを調べる検査です

2009/01/15 更新

人間ドックを探す

受けたい検査をチェック!

  •  胸部単純X線撮影
  •  喀痰細胞診ろ
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

「気になる病名から検査を探す」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > 結核