子宮筋腫などの病気を人間ドックや検診で早期発見・早期治療。

人間ドックのここカラダ > 気になる病名から検査を探す > 子宮筋腫

気になる病名から検査を探す

子宮筋腫


不妊、貧血、月経痛、頻尿がひどい場合は子宮筋腫の疑いあり

子宮筋腫は30歳以上の女性の20〜30%が持っている発生率の高い腫瘍で、40代がもっとも多いのですが、がんとは違って良性の腫瘍ですから、症状がひどく治療を必要とするケースは一部です。しかし、月経痛や不正性器出血、貧血、不妊、頻尿などをともなうことがあり、その症状が強い時は手術などの治療も必要です。

子宮筋腫の種類

子宮筋腫の種類

子宮筋腫とは、子宮の筋肉に発生する良性の腫瘍で、小さいものはあずき大から大きいものはフットボール大のものまでさまざまで、数個から数十個も同時に発生することがあります。
子宮筋腫は筋腫のできる場所や成長のしかたで次の4つに分類します。

漿膜(しょうまく)下筋腫

子宮壁の外側を覆う漿膜の下にできる筋腫で、最も多くみられるものです。大きく成長しやすく、頻尿になったり、便秘になりやすいのが特徴です。

筋層内筋腫

子宮壁の筋層にできる筋腫で、月経中でもないのに、痛みをともないます。

粘膜下筋腫

子宮壁の内側にある粘膜の下にできる筋腫で、漿膜(しょうまく)下筋腫同様、よくみられるものです。月経量が多く、激しい月経痛があるのが特徴です。

筋腫分娩

粘膜下にできた筋腫が、子宮の入り口から押し出されて、分娩のように出てくるもの。月経量やおりものの量が増え、性交時に出血や痛みをともなうのが特徴です。

子宮筋腫の症状

子宮筋腫の症状は以下のとおりですが、初期のうちはほとんど症状がありません。

  • 月経痛
  • 月経時の大量の出血
  • 月経時以外の不正性器出血と、それにともなう貧血
  • 筋腫の拡大で膀胱が圧迫されることによって起きる頻尿

また、子宮筋腫と似た症状をもつ病気は以下のとおりです。判別のためには検査が必要です。

卵巣腫瘍

卵巣の中にできた腫瘍で、クルミ大以上のものは、精密検査が必要で、超音波検査で発見します。

子宮頚管ポリープ

子宮頚管の内膜にできるイボのようなもので、症状がなくほとんどは良性ですが、出血しやすく、大きいものは切除して、組織検査を行います。

膣炎

膣の粘膜に細菌感染などで炎症が生じたもので、膣内の浄化作用が低下したときに発生します。

老人性膣炎

閉経後、卵巣機能が低下したり、膣の粘膜が萎縮することで起こります。

子宮筋腫検査の項目

腹部CT X線でより詳しい筋腫の性質や大きさ、癒着のようすなどを調べます
腹部超音波(腹部エコー) 下腹部に超音波を当てて、子宮の内部を画像で観察します
子宮内指診(内診) 医師が指で膣内を触診しながら異常を探します

2009/01/15 更新

子宮がん検診を探す

受けたい検査をチェック!

  •  腹部エコー(子宮体がん検診)
  •  腹部CT
  •  経膣エコー(超音波)
  •  骨盤腔MRI
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

「気になる病名から検査を探す」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 気になる病名から検査を探す > 子宮筋腫