脂質異常症などの病気を人間ドックや検診で早期発見・早期治療。

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > 脂質異常症(高脂血症)

気になる病名から検査を探す

脂質異常症(高脂血症)


血管や血液が汚れる脂質異常症(高脂血症)は動脈硬化を進行させます

血液中のコレステロールや中性脂肪が異常に増加することで、血管内の血流が悪くなり、動脈硬化を進行させてしまうのが脂質異常症で、心筋梗塞や狭心症による死亡リスクが高まります。2007年、疾患名がこれまでの「高脂血症」から「脂質異常症」が改められました(日本動脈硬化学会「動脈硬化性疾患予防ガイドライン 2007年版」)。

脂質異常症の症状

脂質異常症は、血液中に含まれる脂肪分の濃度が高い状態のことです。自覚症状はほとんどありませんが、代表的なものに黄色腫があります。

黄色腫

目の縁やアキレス腱の中に、黄色いコレステロールの塊である黄色腫が見えることがあります。

角膜輪

黄色腫と同様のコレステロールが、黒目の周りに白い輪のようにできるものです。
脂質異常症の診断基準は以下のとおりです。

LDLコレステロール(悪玉コレステロール) 140mg/dl以上
HDLコレステロール(善玉コレステロール) 40mg/dl未満
中性脂肪(トリグリセライド) 150mg/dl以上

現在は総コレステロールの数値より、LDLコレステロールが高かったり、HDLコレステロールが低いことが問題とされています。

脂質異常症になりやすい人

脂質異常症になりやすい人は、肥満、高脂肪食の過剰摂取、運動不足などの生活習慣を見直しましょう。

  • 肥満
  • 脂質や糖質の多い食事を好んで食べる
  • カロリーを摂取し過ぎている人
  • 運動不足が続いている人
  • 両親や親戚に脂質異常症の人がいる
  • 閉経後の女性、またはエストロゲンの分泌が少ない女性

脂質異常症の原因と予防法

脂質異常症の原因は、脂肪の摂取が過剰になっていることです。予防には、ラード、肉の脂身、レバーなどの内臓や肉汁など、脂肪の多い食品を控えめにして、コレステロールを下げる効果がある青魚(ブリ、サバ、イワシ、サンマ)、リノレン酸を含む植物油(オリーブ油、菜種油)などを摂ります。
ゴボウ、こんにゃく、玄米、キノコ類、海藻、納豆など、食物繊維を含む食品をたくさん摂って、余分な脂肪を体外に排出し、便秘を改善して肥満を予防します。
脂肪が血管内で酸化して血管の壁を汚さないように、緑黄色野菜、ナッツ、大豆などビタミンCやビタミンEの豊富な抗酸化力のある食品を摂りましょう。

コレステロールの多い食品

コレステロールの多い食品は以下のとおりです。適量を心がけ、食べ過ぎないようにしましょう。
うなぎ、卵、バター、たらこ、筋子、数の子、イクラ、ウニ、スルメ、牛や豚の内臓、シシャモ、小魚類など。
またマーガリンやマヨネーズ、ポテトフライなどファーストフードの揚げ物には、中性脂肪とLDLコレステロールを増加させ、HDLコレステロールを減少させるトランス脂肪酸が多く含まれているので、多量摂取は避けましょう。

中性脂肪を増やす食品

炭水化物は中性脂肪の原料です。ご飯やパン、麺類の摂り過ぎも中性脂肪を増やします。ケーキ、チョコレートなどの洋菓子、羊かんや大福などの和菓子、果糖の高い果物、お酒の飲みすぎなども中性脂肪を増加させる食品です。

脂質異常症検査の項目

脂質異常症は、血液検査によって初期の段階から発見することができます。

血液検査 コレステロール値(総コレステロール値善玉コレステロール値HDL悪玉コレステロール値LDL)を測る時には、前に食べた食事の影響を受けないように、12時間以上空腹にしてから検査を受けましょう。また前日の9時以降に脂肪の多い食事を摂ることや、アルコールの摂取は控えます

2009/01/15 更新

人間ドックを探す

受けたい検査をチェック!

  •  法定健診
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

関連記事

「気になる病名から検査を探す」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > 脂質異常症(高脂血症)