頭痛などの病気を人間ドックや検診で早期発見・早期治療。

人間ドックのここカラダ > 脳ドック・検査の予約 > 頭痛

気になる病名から検査を探す

頭痛


頭痛は重い病気の前兆の可能性もあるので、早めに医師に相談を!

頭痛は誰もが日常的に経験する症状ですが、一部に重大な病気の症状として起こるものもあります。激しい頭痛や、いつまでも長引く頭痛が気になる場合は病院に行きましょう。

頭痛の種類と症状

頭痛はさまざまな原因で、頭部に痛みを感じる症状です。
頭痛の原因が、機能的なものか、器質的(臓器や器官の異常が原因)なものかで、2つに分けて考えられます。また、症状のあらわれ方で緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛などがあり、そのほとんどは機能性頭痛です。

<原因別>

良性頭痛(機能的頭痛)

誰にでも起きる日常的な頭痛で、風邪、二日酔い、寝不足、月経痛などによる頭痛がこれにあたります。

症候性頭痛(器質的頭痛)

くも膜下出血、脳出血、急性髄膜炎などによる、急激な痛みをともなう頭痛や、脳腫瘍、慢性硬膜下血腫による次第に激しくなる頭痛など、重篤な病気が原因で起きる危険な頭痛です。

<症状別>

緊張型頭痛

慢性的な頭痛の80%はこのタイプです。帽子を被って締め付けられるような痛みや、ベルトで頭を締め付けるような痛みが特徴です。疲労や無理な姿勢、不安や精神的ストレス、頭や首の筋肉の過剰な収縮などによって、血行が悪くなることで起こります。

片頭痛

若い女性に多い頭痛で、片側の前頭から側頭にかけてズキンズキンと脈打つような痛みを感じ、音に敏感になり、前兆として視界に稲妻のような閃光や星のようなものが見えたりします。吐き気や嘔吐もともないます。不眠やストレス、チョコレートやチーズなどを食べた時、ストレスや月経前に起こり、血管の過剰な拡張が原因の頭痛です。

群発頭痛

20〜40代の男性に多く、1日に数回数十分から2時間もの長時間の激しい頭痛発作が起こります。頭痛は片側に起こり、目の奥が焼けるような痛みで、目の充血や顔面痙攣、鼻づまりや鼻水などをともないます。アルコールを飲んだ後に痛みを感じることがよくあります。

頭痛の予防

頭痛を予防する方法には次のようなものがありますが、頭痛の種類や症状によって異なるので、頭痛専門の医師に相談しましょう。

  • 薬は医師に相談した上で頭痛のタイプにあった適切な薬を服用する
  • 人ごみを避ける
  • 睡眠を十分にとる
  • 適度な運動を心がける
  • ストレスや疲れを溜め込まない
  • アルコールの飲みすぎや喫煙を控える
  • 血管を広げる作用があるチョコレートやチーズなどの食べ過ぎに注意する
  • 緊張型頭痛のときは入浴やマッサージでリラックスする

頭痛検査の項目

頭部CT 頭部にX線をあてて、断層画像を使って頭痛の原因になる血管の異常や腫瘍の有無などを調べる検査です
頭部MRI 磁力を使って、頭部の血管のようすを縦横斜めと、任意の断層画像で診断する検査です
頭部X線検査 頭部にX線をあてて、画像を見ながら脳の異常の有無を発見する検査です

2009/01/15 更新

脳ドックを探す

受けたい検査をチェック!

  •  頭部CT
  •  頭部MRI
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

「気になる病名から検査を探す」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 脳ドック・検査の予約 > 頭痛