認知症などの病気を人間ドックや検診で早期発見・早期治療。

人間ドックのここカラダ > 気になる病名から検査を探す > 認知症

気になる病名から検査を探す

認知症


記憶や判断力の低下など、豊かで楽しい老後を脅かす認知症が急増中!

認知症は、脳細胞が加齢その他の原因で、広く損傷して、理解力や判断力、記憶力の著しい低下が見られ、日常生活に支障をきたす状態をいいます。高齢化社会を迎えてますます患者数が増えている病気で、85歳以上では4人に1人が認知症であることが報告されています。

認知症の種類と原因

認知症には以下のような種類があります。

アルツハイマー型認知症

65歳以上の高齢者に多く見られ、原因は不明で、神経細胞の数が急激に減ることで、脳が萎縮するなどの変化が起きる病気です。

脳血管型認知症

脳血管の動脈硬化などにより脳細胞が壊死することで、記憶障害や認知障害などを起こす病気です。

その他の原因

認知症の症状と似た症状を示す病気には、甲状腺機能低下症、慢性心不全、ビタミンB12欠乏症、うつ病などがあります。これらの病気は原因の治療によって改善します。

認知症の症状

認知症の症状には次のようなものがありますが、通常の生理的な物忘れの症状としっかり区別しましょう。

  • 昨日や今日あった体験や出来事を丸ごと忘れてしまう
    (じっくり考えれば思い出せるのは生理的な物忘れです)
  • 物忘れがどんどんひどくなり進行している
  • 物忘れを本人が自覚していない
  • 時間をかけても思い出せない
  • 計算間違いが多い
  • 時間や曜日の感覚が希薄
  • ぼんやりしていることが多く、無表情で無感覚になった
  • 相手の話を聞かない
  • 疑い深く、同じことを何度も繰り返して話す

認知症の予防

認知症の予防には、以下のような生活習慣を配慮するように心がけましょう。

  • 好奇心を失わずに、物事に関心を持つ
  • 手先を動かして脳に刺激を与える
  • 趣味を持つ
  • おしゃれをする
  • 睡眠時間をしっかりとって脳を休ませる
  • 異性を意識する
  • ストレスを感じすぎずにのんびりとマイペースを心がける
  • 適度な運動をする

認知症検査の項目

認知症検査には長谷川式簡易知能評価スケールなどさまざまな問診票が考案されており、早期発見と診断の補助としています。

頭部CT 頭部にX線を当てて、詳しい断層画像を見ながら脳内の血管の状態や腫瘍の有無などを調べる検査です
頭部MRI 脳梗塞や脳血管の異常の有無を確認したり、脳の萎縮の程度や障害の部位、大きさを調べます

2009/01/15 更新

脳ドックを探す

受けたい検査をチェック!

  •  頭部CT
  •  頭部MRI
  •  脳PET
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

「気になる病名から検査を探す」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 気になる病名から検査を探す > 認知症