脳梗塞などの脳の病気を脳ドックや人間ドックで早期発見・早期治療。

人間ドックのここカラダ > 脳ドック・検査の予約 > 脳梗塞

気になる病名から検査を探す

脳梗塞[のうこうそく]


寝たきりや麻痺などの運動障害を招く脳血管の病気は脳ドックで予防しよう

脳血管疾患とは、脳血管が切れたり、詰まるなどの異常が生じて、脳の機能障害を起こした状態のことです。それらの障害によって急激に意識を失って倒れることを脳卒中といい、日本人の死亡原因の第3位となるほど、命の危険をともないます。言語に障害が残ったり、寝たきりになることもあります。

脳梗塞とは

脳の動脈の内腔[ないくう]が詰まり、そこより先に血流がいかなくなるため脳組織が損傷を受けます。血管の詰まり方に2種類あり、血管が動脈硬化を起こし、内腔がだんだんと狭くなり詰まる脳血栓症、心臓や大血管で血栓ができ脳まで血栓が運ばれて脳の血管に詰まる脳塞栓症[のうそくせんしよう]があります。脳血栓症は、症状がゆっくり進行し、2〜3日たって完成する場合があります。脳塞栓症は突然症状が完成し、脳血栓症よりも一般的に重症です。 脳梗塞をさらに大きく3つのタイプに分ける場合もあります。それは、動脈硬化により頸部[けいぶ]や頭の中の大きな血管が詰まるアテローム血栓性脳梗塞、脳内の細い血管が詰まるラクナ梗塞(脳梗塞の大きさが1.5cm未満)、心房細動(不整脈の一種)、心筋梗塞、心臓弁膜症、心筋症[しんきんしよう]などで心臓内に血栓ができ脳に到達する心原性脳塞栓症の3つです。アテローム血栓性脳梗塞やラクナ梗塞は、高血圧、糖尿病、高コレステロール血症、喫煙などによる動脈硬化が原因です。 3つの脳梗塞のタイプの頻度は、昔はラクナ梗塞がもっとも多かったのですが、近年食生活の欧米化とともに、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症が増加し、およそ3分の1ずつです。

脳梗塞の症状

脳梗塞の症状は、詰まる血管の部位によって決まっていますが、もっとも多いのが、半身不随(片麻痺)です。その他、半身感覚障害、ろれつが回らない(構音障害)、視野障害、ふらつき(失調症)、めまい、物が二重に見える(複視)などです。

治療はタイプによって異なる

脳梗塞の治療は、どのタイプ(アテローム血栓性脳梗塞、ラクナ梗塞、心原性脳塞栓症[しんげんせいのうそくせんしよう])の脳梗塞か、発症後の時間、重症かどうかによって異なってきます。2004年度の「脳卒中治療ガイドライン2004」が発刊されました。特殊な治療としては、脳のむくみをとる治療(脳浮腫[のうふしゆ]治療薬)、血管内の血栓に対する治療(抗血栓薬)と神経細胞を保護する治療(脳保護薬)などがあります。大きな脳梗塞で頭蓋内圧[ずがいないあつ]が上がる(脳はかたい骨によって囲まれているため、大きな脳梗塞ではむくみのため中の圧力が高くなり、生命に危険を及ぼします)ような脳梗塞には脳浮腫治療薬(グリセロール)は有効です。 血管の中にできた血栓を溶かす血栓溶解療法がもっとも効果のある治療法で、すでに諸外国で使用されています。組織プラスミノーゲンアクチベーターという物質を血管内(静脈)に投与します。この治療法は、脳梗塞発症後3時間以内に投与する必要があります。その理由は、それ以上遅く投与すると脳が出血する可能性があるからです。したがって、患者さんが早く病院に到着しないとこの治療法は選択できません。日本でも近い将来に使用が認可される可能性があります。 カテーテルを入れて血栓を溶かす方法も 血栓溶解療法のもうひとつの方法は、脳血管の詰まっている場所を脳血管撮影という検査で見つけ、その部位にカテーテルを送り込み血栓を溶かす方法です。この場合には発症後3〜6時間でも施行できます。ただし、詰まっている血管が中大脳動脈という血管に限られます。 血栓溶解療法ができない患者さんに対しては、血小板という血液成分(血栓をつくるはたらきをもつ)のはたらきを抑える薬(オザグレルという注射薬またはアスピリン)、あるいは血液の固まる(凝固)のを抑える薬(ヘパリンあるいはアルガトロバンという注射薬)を投与することがあります。 このほか、脳を保護する薬としてエダラボンという薬が使われます。この薬は世界で初めて使用できるようになった、脳保護薬です。 脳梗塞の中で、もっとも重症のタイプは心原性脳塞栓症で死亡率は12%、次いでアテローム血栓性で6%、ラクナ梗塞は死亡することはほとんどなく、90%以上が社会復帰できます。

脳ドックを探す

受けたい検査をチェック!

  •  頭部CT
  •  頭部MRI
  •  頭部MRA
  •  頸部MRA
  •  頸動脈エコー(超音波)
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

「気になる病名から検査を探す」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 脳ドック・検査の予約 > 脳梗塞