メタボリックシンドロームなどの病気を人間ドックや検診で早期発見・早期治療。

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > メタボリックシンドローム

気になる病名から検査を探す

メタボリックシンドローム


40歳以上の男性2人に1人がメタボか予備群。内臓脂肪に要注意!

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満に、高血圧、脂質異常症(高脂血症)、高血糖の3つのうちの2つ以上が重なった状態で、それぞれの危険度が軽度でも、複数が重なることで動脈硬化が悪化して、脳や心臓の血管に大きなダメージを与え、心筋梗塞や脳卒中などの恐ろしい病気を引き起こす原因になりますから、早めに生活習慣を改善しておきましょう。

メタボリックシンドロームの症状

メタボリックシンドロームは、血管の老化である動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳卒中などの病気の原因にもなります。
動脈硬化を起こす危険因子は、内臓脂肪型肥満、脂質代謝異常、高血圧、高血糖があります。日本人は特に、これらの危険因子が軽度の状態で合併して動脈硬化が促進され、危険因子が積み重なって起こる糖や脂肪などの代謝異常をメタボリックシンドロームと呼びます。メタボリックは英語で「新陳代謝」、シンドロームは「症候群」をさします。メタボリックシンドロームの自覚症状は全くないといっていいでしょう。健診などで指摘されて初めてわかるといえます。

メタボリックシンドロームの診断基準

2008年から特定健診・保険指導制度がスタートして、健康診断の項目にメタボリックシンドロームの考えを導入し、メタボリックシンドロームに該当する人には内臓脂肪を減らすなど、その改善を図る保健指導を行うことを義務付けました。
腹囲(へそ周りの長さ)男性85cm以上、女性90cm以上、かつ次のうち、2つ以上の項目に当てはまる場合がメタボリックシンドロームと診断されます。

血液中の脂質について

中性脂肪が150mg/dl以上、かつ/またはHDL(善玉)コレステロールが40mg/dl未満

血圧

最大血圧が130mmHg以上かつ/または最小血圧が85mmHg以上

血糖値

空腹時の血糖値が110mg/dl以上(メタボリックシンドロームの基準では110mg/dlですが、特定健診では100mg/dlとなっています)

体調の変化などがほとんど感じられないメタボリックシンドロームですが、お腹のまわりが太くなってスカートやズボンがきつくなったのに、お腹の肉をつまんでも増えた感じがしない場合は、皮下脂肪ではなく内臓脂肪が増えたと考えられます。しかし、メタボリックシンドロームを発見するいい方法は、年に1度、定期検診を受けることです。

メタボリックシンドロームの原因と予防法

メタボリックシンドロームの一番の標的は内臓脂肪です。内臓脂肪は皮下脂肪よりも溜まりやすく燃えやすいため、脂肪をエネルギー代謝するのに、肝臓などの臓器を酷使して負担をかけ続けるため、最終的には糖や脂肪の代謝が十分にできなくなり、それが血管を老化させてしまうのです。
メタボリックシンドロームの予防は以下のとおりです。

  • 食べ過ぎないで腹八分の習慣を身に付ける
  • 適度に運動をすること
  • 脂質を摂り過ぎない
  • 野菜と魚中心の日本食にする

メタボリックシンドローム検査の項目

メタボリックシンドロームの検査は、通常の定期健診項目に2008年からへその高さの腹囲が加わったことで、簡単にわかるようになりました。

腹囲測定 男性85cm以上、女性90cm以上
血圧測定 最大血圧が130mmHg以上または最小血圧が85mmHg以上
血液検査 総コレステロール値善玉コレステロール値HDL悪玉コレステロール値LDL中性脂肪血糖値グリコヘモグロビンHbA1c尿酸値、肝機能(GOTGPTγ−GTP)など

2009/01/15 更新

人間ドックを探す

受けたい検査をチェック!

  •  腹部CT(内臓脂肪計測)
  •  法定健診
  •  特定健康診査
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

関連記事

「気になる病名から検査を探す」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > メタボリックシンドローム