ここカラダ読者の人間ドック・がん検診にまつわるエピソードを紹介。人間ドックや検診で早期発見・早期治療を。

人間ドックのここカラダ > 受診して良かった!エピソード

受診して良かった!エピソード:ここカラダ読者のみなさんから寄せられた、人間ドック・がん検診を受けてよかった、 もしくは、受ければよかったと感じたエピソードを紹介します。

受診して良かった! 受診せず後悔した…を読む

受診して良かった! 34件

私の母は今まで検診など全く興味がなかったのですが、親戚が子宮がんが見つかったと聞いたことをきっかけに自分も子宮がんの検診を受けることになったそうです。すると、ポリープが見つかり、早期に取り除くことができました。今度は私も、検診を受けてみようと思っています。   節目検診を受けた叔父が、偶然大腸がんがみつかり、治療に入るきっかけになったこと。節目検診を受けていなければ、自覚症状のないまま、進行して悪くなっていってたかと思うと、救われた気がします。

(女性 20代前半 愛媛県)

 

(女性 20代後半 東京都)

 
大学の先輩が会社の人間ドックでがんが見つかった。まだ30歳という若さだったが、心臓の周りを囲むように大きな腫瘍が見つかった。 小さな会社から大企業へ転職した際の人間ドックでレントゲンに影があり、病気が判明。4カ月の放射線治療の結果、病魔に勝って職場復帰しました!!   以前から、めまいや頭痛などの軽い症状があった友人は、20歳を機に頭のCTを撮った。なんとなく思いつきで撮ったらしい。そしたら小脳に小さな梗塞が見つかった。早期発見できて、薬で今も治療できている。

(女性 20代後半 神奈川県)

 

(女性 20代後半 愛媛県)

 
母が40代後半の時、市が行っている格安検診を受けました。 すると、病院にて再検査の通知があり受診。結果、子宮頸部にステージ1にもならない、がん細胞を発見! 生検のみし、保険金120万円がおりました。   知り合いで、酒も飲まないしタバコも全く吸わないのに、 検診で胃がんが見つかった人がいます。 タバコも酒もやらないから自分は大丈夫だろうとは思わないで、検診を受けることが早期発見のコツなのだなと 思います。

(女性 20代後半 広島県)

 

(女性 30代前半 静岡県)

 
しばらく健康診断なんて受けていなかった彼は会社の検診にて腫瘍マーカーでひっかかり再検査。ポリープが見つかりすべて切除。腫瘍マーカーとはやはり気になるところ。ヘビースモーカーでもあるので肺ほか一通り検査。とりあえず腸の良性ポリープのみだったので一安心です。   母が胃がんで他界、父が喉頭がんで治療中、その後祖母が乳がんで手術し10年後に他界など、がんへの不安が大きいので、毎回のがん検診で『異常なし』と言われることが本当にうれしいです。人間ドックやがん検診は、決して安くはないけど、私は『安心を買う』つもりで受けています。 特に乳がん検診は、祖母の乳がんが転移したことを知ってからは毎年受けています。

(女性 30代前半 愛知県)

 

(女性 30代前半 高知県)

 
父に大腸ポリープがあることが、がん検診でわかり、手術で切り取って細胞診をしたら悪性でないとのこと。家族全員でほっとしました(*^_^*)   腹部エコーを撮ったら、胆石症が発見されました。 精密検査をしなければいけない、と検査結果がきたので近々会社を休んで行っておこうと思ってます。 症状がないので、この検査をしなければ、自分で自分の体のことがわからずにいました。よかったです!

(女性 30代後半 大阪府)

 

(女性 30代後半 北海道)

 
父は会社の健康診断で、大腸がんを発見した。再検査の必要ありということですぐ行ったのが幸いして、かなり大きくなっていたが完治することができた。その時同様に大腸がんの再検査が必要だという人がいたようだが自分は痔だからといって検査をしなかったため、手遅れになり亡くなってしまった人がいたとか。やはり忠告に従った方が賢明だということがはっきりわかった。   近所の人が前立腺がん検査をしてひっかかった話を聞いてきた母。 65歳を過ぎた父にも検査を受けるよう軽い気持ちで話をして、通院先の診療所で検査。 検査したことすら忘れていたころに連絡が入った。 なんと、前立腺がんが見つかり…。 いろいろあったけど、ちょっと遠い大学病院で最新医療(摘出などせず、放射性物質を埋め込むらしい)の手術を受け、術後1週間で仕事復帰。 そして1年でがんが消滅。 今も元気です。

(女性 30代後半 神奈川県)

 

(女性 30代前半 愛知県)

 
母が自治体の検診で便検査が陽性。再検査でも陽性。詳しい検査をするよう言われたが放置。半年後、内視鏡検査をしたら直腸がんが見つかり入院手術。受診してよかったけど、指導を受けたらすぐ行くべきだった。   勤務先の集団検診で、マンモグラフィ検診を受けたところ、良性石灰化と診断され、年1回の検査をするように指示された。がん検診の必要性は理解していたつもりだったが、今回の結果で、より身近に感じられるようになり、意識が変わった。

(女性 40代前半 神奈川県)

 

(女性 40代前半 福岡県)

 
1年前に市の婦人科検診を受診したところ、子宮頸がんの初期と判明。以後3カ月ごとに診察に通っています。行かなかったとしたら、しばらくわからないと思うのでびっくりしました。   気になるしこりを自分で発見し、乳がん検診に行きがんが見つかり、すぐに手術を受けることができました。現在放射線治療が終わり、ハーセプチン点滴にて治療中です。早期に発見できたせいか副作用もなく仕事も通常通りこなせています。

(女性 40代前半 埼玉県)

 

(女性 40代前半 東京都)

 
子供が自立するまでは・・・と思い、上の子(14歳)が生まれた年から毎年欠かさずに人間ドックに行っています。病気の発見のためもあるけど自分の健康でありたいという気持ちを再確認するため・・・という気もします。   30歳を過ぎてから、子宮がん検診だけは欠かしませんでした。昨年は検診の際小さいポリープが見つかり早期に治療したため大事には至りませんでした。19歳で卵巣のう腫を患い、婦人病にかかりやすい体質のようです。更年期をゆとりをもって迎えるためにも、今後も定期検診をと考えています。

(女性 40代前半 千葉県)

 

(女性 40代前半 和歌山県)

 
82歳の父は昔、胃穿孔のとき、胃カメラがうまく入らなかったことから、大の胃カメラ嫌いだった。しかし一昨年、膀胱がんにかかって治療していたので、他にも転移している可能性があると思い、かかりつけの内科で何十年ぶりかに胃カメラを受けさせた。そこで今度は、十二指腸乳頭がんを発見。膀胱がんのときもサードオピニオンを受けて治療法を決めたので、今回もかかりつけ医を除き、サードオピニオンを受けて、本人と家族がもっとも納得いく治療法を提案してくれた医師に託した。現在経過は良好。健診の大切さとともに、重要な決断はサードオピニオンまで受けることで、納得いく治療を受けることができると実感した。   40歳をひかえて、いままで受けなければいけないっ!  と思いつつそのままにしていた子宮がん検診を受けました。その後 再検査となり精密検査を経て手術に至りました。もう一年のばしていたら・・・絶妙なタイミングだったと言われました。

(女性 40代前半 東京都)

 

(女性 40代前半 静岡県)

 
主人が人間ドックを受診したときですが、当初の予定にはなくその場で肺がんの詳しい検査を受けることにしました。結果、何もなかったのですが、心配して気をもんでいるより良かったと言っていました。   友人は自営業なので定期的な健康診断を行っていなかったが、3年前から毎年人間ドックを受診するようになり、今年肝臓に小さな腫瘍が見つかった。人間ドックの費用は高額だけど、その後のことを考えると受診して良かったと言っていた。

(女性 40代後半 京都府)

 

(男性 40代後半 東京都)

 
父親が年に1度胃カメラ検査をしている。先日胃がんが見つかったが早期に発見されたので、内視鏡での切除手術で済んで回復も早かったし他への転移もなかった。   子宮がん検診の折にポリープがみつかりその場で切除していただきました。後日、良性とわかり検診を毎年していこうと決めました!

(女性 40代後半 北海道)

 

(女性 40代後半 東京都)

 
父が友人の勧めでたまたま受けた人間ドックで初期の胃がんが発見されました。手術で切除し、10年経過してますが再発もしていません。当時の父は自覚症状は全くなく 健康自慢だったので、本人も家族もびっくりしました。 軽い気持ちで勧めてくれた友人にとっても感謝してます。   友人が何気に受けた検診で乳がんが見つかり、ごく初期だったので手術もせず(放射線治療は受けた)、薬で十分治療できているようで安心しました。

(女性 40代後半 沖縄県)

 

(女性 40代後半 千葉県)

 
一日2箱のヘビースモーカーで肺がんで死んだら本望!などとほざいていましたが、5年前の検診で胃がんと診断されました。まだ、全摘でなかっただけ幸せ。今はぼちぼち畑仕事などしながらゆっくりしていますが、あの時検診しなかったら恐ろしいことになっていたと思うと、本当に検診は大事だと思います。   50歳を過ぎ、何かと体の衰えを感じる今日この頃で重大な病気の前兆かと気になることもあり(最近では歯が頻繁に痛くなり、歯以外の重大な病の前兆もありうると聞いたので)、人間ドックに行き適切な診断をデータ等で説明され安心した。

(女性 50代前半 大阪府)

 

(女性 50代後半 埼玉県)

 
職場の胃がん検診で「がん」と診断された同僚はみな、初期症状で発見され手術して元気になっている。 検診を嫌がって受けなかった者が昨年具合悪くなって受診したところ、かなり進行したがんとわかり即入院。 職場一同、検診の意義をかみしめた。   毎年人間ドックを受けてるので、数値の変化がわかるのでいいと思う。 高脂血症や血圧、コレステロール値などが上がってきてるので 今治療を受けてます。 ドックを受けてよかったと思います。

(女性 50代前半 大阪府)

 

(女性 50代後半 大阪府)

 
市の健康診断は毎年全項目とも受けることにしてきた。60歳になった時に、前立腺がんの受診ができると聞き、何のためらいもなく申込み、受診したらがんが発見されたという。かなり悩んだが多臓器へ転移はしていないようだと聞き、放射線治療を行い、現在、経過を見守っている段階である。自分ががんになるなどとは思ってもいなかっただけに、健康診断により早期発見されたことに感謝している。   人間ドックで心電図に異常があると言われ、かかりつけの病院で再検査、やはり異常を指摘されトレッドミル検査を実施しました。ここでも異常データが出ていました。 最終的に2カ月間待って慶応病院に10日間の検査入院、心臓カテーテル検査を行いました。結果は全く問題なしとわかり一安心でした。 何でここまで異常データが出たのかわかりませんが、とにかく良かったのは1日60本の超ヘビースモーカーだった私が慶応病院の医師に怒られて煙草をやめられたことです。

(男性 60歳以上 埼玉県)

 

(男性 60歳以上 神奈川県)

 
昨年乳がんで右乳房全摘で失いました。その後定期検診を受けていますが転移の心配はないとのことで、ひと安心しているところです。(息子の要請で手術直前、全摘か部分摘出かでセカンドオピニオン医師の検診を受け先生方の合議で全摘になったようです) 高齢になっても乳がんにかかることを知りました。検診は必要です。   子宮からの出血が少しあり、婦人科を受診。処方された薬を飲んだが止まらず、他院にて再度受診。子宮頸がんと診断され手術した。 早く受診したので抗がん剤も使うことなく全治しもう14年になる。 やはり、 怖がらずに早く受診するのが一番です。

(女性 60歳以上 東京都)

 

(女性 60歳以上 京都府)

 
2009/01/15 更新

「受診せず後悔した…」エピソードを読む

「人間ドックのここカラダ」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 受診して良かった!エピソード