脳ドックの体験談。脳ドックで早期発見・早期治療を。

人間ドックのここカラダ > わたしの体験談 > 脳ドック編 > ひろくんママさん

人間ドック・がん検診 わたしの体験談

脳ドック 編

頭痛の原因は? 「安心料」として脳ドック

ひろくんママさん (43歳 女性 会社員)

私は、毎日コンピューターに向かう仕事をしています。
そのためか周囲の人たちは、老若男女問わず、肩こり腰痛、そして頭痛に悩まされています。最近の同僚との話題といえば、どこの整体が良かったとか、あの薬が肩こりや眼精疲労に効くといったことばかり。
そんな中、新入社員の一人が脳ドックを受けてきたという話を耳にしたのです。
「20代で脳ドック?」とその時は笑い話にしたものの…そういえば、私も頭痛がひどく、吐き気がしたりなど日常生活にも支障をきたすこともしばしば。一度は脳ドックを受診してもいいかもしれない。
そこで今年は、毎年受けている人間ドックのオプションに脳ドック(頭部MRI・MRA)をつけることにしました。

当日、例年と同じ人間ドックの流れの中で、いつもの検診では入らない「撮影中入室禁止」と書かれた部屋に案内されました。部屋に入るとテレビで見たことのある白い大きな機械。これが噂のMRI?

撮影技師は女性。「閉所や暗所が怖いということはないですか? アクセサリー類やお化粧はとってくださいね。緊張しなくていいですよ。30分ほど横なっていただくだけで機械が勝手に撮影しますから。ちょっとうるさい音がしますが我慢してください」と物腰も柔らかく丁寧に説明してくれました。
指定された場所に仰向けに横たわると、ドーム型の機械の中に頭部を入れられました。耳元にはエンヤの曲が静かに流れてきます。心地よさに眠くなりそう。
と、思った瞬間「ガガガ、ドドドド」と、まるで道路工事のドリルのような音が耳元で響きます。「ちょっと」ではなくかなりの騒音です! 騒音は検査終了まで断続的に続いて、眠くなるなんて思ったのは甘い考えでした。
その騒音にも慣れ始めたところで「お疲れ様です。終わりました」という撮影技師の声がして、機械の中から頭部を出されました。思ったよりあっけなく終わった感じ。検査の間は確かに横になっていただけです。
一回目は、この撮影のみ。検査結果は後日郵送され、希望者には医師からの説明もあるということだったので、説明の予約をして帰りました。

一週間後、他の人間ドックの結果とともに検査結果票が郵送されてきました。結果票には「異常なし」の文字のみ。もちろん異常はないほうがいいのだから、異常はないにこしたことはないのですが、なんだか拍子抜けした気分。医師の説明を聞くまでもないような気もしたのですが、キャンセルの電話をするのも面倒だったのでそのまま説明を聞きにいくことにしました。

二回目の来院は、人間ドックの時と違ってほとんど患者さんのいない時間でした。
予約の時間より少し前に着いたのですが、すぐに名前を呼ばれて診察室に入りました。
診察室に入ると映し出されたMRI・MRAの写真が目に飛び込んできました。リアルな自分の脳の映像を見るのは初めてだったので、これが自分の体の一部かと思うと不思議な気分です。
医師からは「きれいな脳ですね。ひとめで若い女性の脳だとわかる。健康そのものですよ」という言葉をいただきました。はじめて見ることを伝えると「これが脳幹、これが脳下垂体」と一つひとつ特徴と役割を丁寧に説明してくれました。そして「今回脳ドックを受けたのは、なにか心配があったのですか?」と質問されたので、普段の頭痛の状況を話すと、「典型的な偏頭痛の症状のようですね。子どもの頃からですか? 大人になってからだとすると、ストレスや長時間同じ姿勢を続けているなどはありませんか?」といろいろ丁寧に問診をしてくれ、「やはりお仕事と関係が深そうですね。あまりひどいようであれば、一度『頭痛外来』の受診をおすすめします」と教えてくれました。例え異常がなくても、直接医師の説明を受けてよかったとつくづく思いました。
なにより「健康そのものだ」と視覚的に説明を受けて安心し納得できました。

頭痛に悩む人がいれば「安心料」だと思って一度は脳ドック受診をおすすめします。 


脳梗塞、くも膜下出血など重篤な脳疾患を未然に防ごう!!

詳しく読む

脳ドックオススメ施設特集

掲載期間:2013年10月1日〜2014年3月31日

脳ドックでは、脳梗塞、くも膜下出血など、
重篤な脳疾患を起こす前に、
脳の中にひそむ、様々なリスクを調べます。

オススメ施設特集へ

脳ドックを探す

受けたい検査をチェック!

  •  頭部MRI
  •  頭部MRA
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

「わたしの体験談」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > わたしの体験談 > 脳ドック編 > ひろくんママさん