子宮がん検診の体験談。子宮がん検診で早期発見・早期治療を。

人間ドックのここカラダ > わたしの体験談 > 子宮がん検診 > えりりさん

人間ドック・がん検診 わたしの体験談

子宮がん検診 編

受けて良かった! 子宮がん検診

えりりさん (50歳 女性 主婦)

去年の暮れ、私はいつもお世話になっている婦人科クリニックの先生から電話をいただきました。先日受けた子宮がん検診の結果についてお話があります、とのことです。今までも検診は受けているのに、そう言われたことがないので、いやな予感が胸をよぎりました。

約2年前から更年期障害のためにホルモン補充療法をしています。私の場合、婦人科系がんのリスクが高まるとのことで、1年に1度は必ず検診を受けるよう先生から言われてはいました。それ以前にも区の婦人科検診で2年ごとに乳がんと子宮がんはきちんと受けていましたが、異常があったことは一度もありません。
去年の11月に、そろそろ検診をと思い子宮頚がんと子宮体がんの検査を受けましたが、いつものように異常なしだろうとノンキに構えていたところに先生からの電話です。

おそるおそるクリニックに行ってみると、なんと子宮体がんのほうで3aという結果が出たとのことで、正直かなりショックでした。先生の説明によると、1と2は問題ないけれど3からはほんの少しだけれどがんの疑いがあると言うのです。検査結果の用紙を見せてくださったので確認すると、子宮頚がんのほうは1となっていますが、子宮体がんのほうが3aなのです。胸がドキドキして、とても不安になりました。

私は5年前に大腸ポリープを切除した経験があり、そのときも少し大きめだったためにがんの細胞診を受けました。大腸ポリープの結果は良性だったのですが、その時と同じような死への恐怖が甦り、「またか…」と泣きたい気持ちになりました。

それでも気を取り直して1週間後の再検査を予約し、ホルモン補充療法の影響という可能性も考えて、その日からホルモン剤も中止しました。そしてすぐに家に帰り、インターネットでいろいろと調べました。すると、3aでのがんの確率はわずかとのこと。少しだけ安心しましたが、その中に私が入るかもしれないと思うと大変に不安でした。その他にも、いろいろな情報を得たことでかなり気持ちが落ち着きました。

そして迎えた再検査の日。やっぱり子宮頚がんの時と違って、体がんのほうは痛みを伴います。どうしても体に力が入ってしまいますが、これでがんの疑いをはらすんだ! と思って我慢です。

年末年始をはさんでいたので、結果が出るまでに2週間以上かかりましたが、再検査の結果は幸いにも2でした。私は手放しで喜んだのですが、先生は「こういうことはよくあるけれど、念のために来月もう一度検査しましょう」と言いました。結果の用紙には「6カ月後に要再検査」とあったのですが。でも私としても、万が一の際には早期発見したいと願っているので、また痛みに耐えて検査するつもりです。早く発見できればがんも怖くありません。今後もこまめに検診は受けていこうと思っています。

2009/03/05 更新

子宮がん検診を探す

受けたい検査をチェック!

  •  子宮頸部細胞診
  •  子宮体部細胞診
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

「わたしの体験談」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > わたしの体験談 > 子宮がん検診 > えりりさん