中性脂肪が高めな方のための検査探し。人間ドックや検診で早期発見・早期治療を。

人間ドックのここカラダ > 不安から検査を探す > 中性脂肪が高い

不安から検査を探す

中性脂肪が高い(150mg/dl以上)

「中性脂肪が高い」のメカニズム

私たちが食べる食品に含まれる脂肪の約90%が中性脂肪(トリグリセライド)です。中性脂肪が多いとHDL(善玉)コレステロールが減少して、血液中に脂質が溜まりやすくなり、血管の壁を汚したり、血栓ができやすくなります。目立った症状はなくても、体重や体脂肪率、BMIが増えたり、運動不足の人や過食気味で脂っこい食事を好む人は注意しましょう。

「中性脂肪が高い」が考えられる病名、引き起こす病名

高トリグリセライド血症、低HDLコレステロール血症、高脂血症、糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞、脳血栓症、甲状腺機能低下、肥満症、

おすすめの検査項目

血液検査 肝機能(GOTGPTγ−GTP)、腎機能(血糖値クレアチニン尿酸尿素窒素)、代謝系(総コレステロール値善玉コレステロール値HDL悪玉コレステロール値LDL中性脂肪値TG)などを調べます
血圧測定 血圧計を上腕部に装着して測定します
安静時心電図 心電図の波形の乱れを調べ、心臓肥大、心筋梗塞、動脈硬化、狭心症などの有無を確認します
腹部CT X線を用いて腹部の断層写真を撮影し、体内の脂肪のつき方が皮下脂肪型か内臓脂肪型かを調べます。内臓脂肪面積が100平方センチメートル以上の場合を内臓脂肪型肥満と判定します

2009/01/15 更新

人間ドックを探す

受けたい検査をチェック!

  •  安静時心電図
  •  法定健診
  •  腹部CT(内臓脂肪計測)
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

「不安から検査を探す」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 不安から検査を探す > 中性脂肪が高い