お腹が痛い方のための検査探し。人間ドックや検診で早期発見・早期治療を。

人間ドックのここカラダ > 不安から検査を探す > お腹が痛い

不安から検査を探す

お腹が痛い

「お腹が痛い」のメカニズム

腹痛は、発生した部位の臓器に異常がある場合が多く、痛みの激しさや長さ、急性か慢性か、食事との関係などによっても 大体の病名を想定できます。お腹の上の方が痛む場合は食道や胃、中央部分ならば肝臓や胆嚢、膵臓、下腹部ならば小腸、大腸、腎臓、卵巣、子宮、膀胱などの異常が考えられます。慢性の痛みは、がんなどの兆候の可能性もあるので、しっかりと部位を特定しておきましょう。

「お腹が痛い」が考えられる病名、引き起こす病名

食道炎、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、肝炎、胆石、大腸炎、腎結石、尿管結石、卵巣炎、子宮筋腫、腹膜炎、過敏性腸症候群、下痢、便秘、月経前症候群

おすすめの検査項目

上部消化管造影X線撮影(胃バリウム) バリウム(造影剤)や発泡薬(胃を膨らませる薬)を飲んで、X線をあてて画像を撮影して診断します
上部消化管内視鏡(胃カメラ) 口や鼻から小型カメラの付いた内視鏡を挿入して、粘膜の変色や、胃粘膜表面の凹凸、血管のようすなどを調べます
便潜血反応 血便などの便の異常を調べます
血圧測定 血圧計を上腕部に装着して測定します
血液検査 肝機能(GOTGPTγ−GTP)、腎機能(血糖値クレアチニン尿酸尿素窒素)、代謝系(総コレステロール値善玉コレステロール値HDL悪玉コレステロール値LDL中性脂肪値TG)などを調べます
腹部超音波(腹部エコー) 腹部にゼリーを塗り、プローブという器具で超音波をあてながら、モニター画面で肝臓や腎臓、膵臓、子宮などのようすを確認する検査です
腹部MRI 磁力を使って腹部、特にこの場合は前立腺や膀胱のようすを断層画像で調べる検査です。X線被ばくがありません
子宮内指診(内診) 医師が指で膣内を触診しながら異常を探します
経膣超音波(経膣エコー) プローブに使い捨てキャップをかぶせ、膣内に挿入し、膣内から子宮や卵巣を調べます
子宮頸部細胞診 子宮入り口の頸部の細胞を綿棒やヘラなどで採取します。痛みはほとんどありません
コルポスコピー(膣拡大鏡) カメラの付いた膣拡大鏡を膣内に挿入し、子宮頸部の腫瘍などの異常を調べます
骨盤腔MRI 磁力を使って骨盤内部のようすを任意の断層画像で調べる検査です。X線被ばくがありません
腹部CT 子宮や卵巣などのより詳しいようすを見るために、造影剤を流しながらX線を照射して横断像を撮影する検査です

2009/01/15 更新

胃がん検診を探す

受けたい検査をチェック!

  •  胃カメラ(上部消化管内視鏡)
  •  経鼻胃内視鏡
  •  胃バリウム(上部消化管造影X線撮影)
  •  腹部エコー(超音波)
  •  腹部MRI
  •  便潜血検査
  •  腹部CT
  •  経膣エコー(超音波)
  •  子宮頸部細胞診
  •  骨盤腔MRI
  •  大腸内視鏡(下部消化管内視鏡)
  •  法定健診
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

「不安から検査を探す」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 不安から検査を探す > お腹が痛い