心臓検査(心臓ドック)が受診できる施設を探して予約できます。

心臓ドック(検診)で早期発見・早期治療を。

  • ここカラダならPontaポイントが最大3%たまる。いままでためたポイントも利用可能!

ここカラダ
予約受付ダイヤル

※医療機関ではありません

医療機関選びに迷ったら是非お電話ください!

連絡先詳細
  • ※医療機関直通ではありません。
  • ※ここカラダは、人間ドックの予約サービスとなっております。医療行為(病気、治療など)に該当するご相談はお受けしかねますので予めご了承ください。
  • ※ご予約のキャンセルにつきましては、直接医療機関にお問い合わせください。
  • ※人間ドックは健康保険の適用はありません。全額自己負担となります。
  • ※お電話によるご予約は、ポイント利用/付与の対象外となります。
人間ドックのここカラダ > 心臓検査(心臓ドック)の予約

心臓ドック

心臓ドックでは、動脈硬化の危険因子、全身の動脈硬化の度合い、あなたの心臓などの現状を総合的に評価します。一般的な健診で実施する心電図や胸部X線に加え、心臓ドックではより精密に検査を行います。50歳を過ぎたら、一度心臓ドックを受診してみてはいかがでしょうか。高血圧、糖尿病、喫煙などの危険因子があるなどのハイリスク群に当たる人は、心臓ドックを一度受診してみることをおすすめします。

心臓ドックについて知りたい方はこちら

心臓ドックを探す

都道府県から探す都道府県から探す

北海道・東北
関東
甲信越・北陸
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
東海
近畿
中国・四国
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

人気ランキングを見る

心臓ドックの検査どれ選ぶ?|検査の内容・比較|突然死を防ぐために、受けておきたい心臓ドック
技術の進歩が目覚ましいMRI検査にも注目

日本人の死亡原因の第2位(※1)が心疾患です。なかでも虚血性心疾患(※2)による死亡数は多く、リスクの把握や早期発見などによる予防が重要です。虚血性心疾患のおもな原因は冠動脈の動脈硬化。動脈硬化の危険因子や全身の動脈硬化の状態、また、あなたの心臓の現状を総合的にチェックすることが、「突然死」を防ぐ第一歩です。
心臓ドックといっても検査内容はさまざまです。まずは心臓ドックに含まれる検査のうち、何を受けるべきか、あなたにとって何が必要かを確認しましょう。

  • ※1 厚生労働省 平成20年人口動態統計より
  • ※2 心臓の筋肉(心筋)に血液を送る冠動脈が狭くなったり、塞がることにより、心筋が酸素不足に陥る状態のこと。おもに狭心症と心筋梗塞に分けられます。狭心症は一時的な発作が回復するのに対し、心筋梗塞は、冠動脈が完全に詰まり、心筋が壊死を起こすものです。

各検査の対象疾患

狭心症 心筋梗塞 心臓肥 心不全 大動脈瘤 不整脈
運動負荷心電図 - -
ホルター型心電図 - - -
冠動脈 CT - -
心臓 MRI - -
胸部エコー
(心エコー)
- -
胸部ドップラーエコー - - - -

心臓ドック検査のメリット・デメリット

検査名 メリット デメリット
運動負荷心電図
  • 被ばくがない
ホルター型心電図
  • 被ばくがない
  • 通常の日常生活中の心臓の状態がわかる
  • 24時間装着しなければならない
冠動脈CT
  • 血管の形状が詳しくわかる
  • (注射による)痛みを伴う
  • 被ばくがある
  • 撮影に40分~1時間程度かかる(医療機関により異なる)
心臓MRI
  • 被ばくがない
  • 造影剤を使用せずに血管を見られる
  • 細部の再現能力が高い
  • あらゆる方向からの断面撮影が可能
  • 撮影に30分程度かかる(医療機関により異なる)
  • 多少の騒音がある
  • 心臓ペースメーカーなど体内に金属が存在すると、検査ができないことがある
胸部エコー(心エコー)
  • 被ばくがない
  • 検査を行う医師・技師の技量に左右される部分が大きい
胸部ドップラーエコー
  • 被ばくがない
  • 検査を行う医師・技師の技量に左右される部分が大きい

心電図

心電図検査とは、心臓の筋肉の収縮・拡張時に生じるわずかな電流を記録する検査です。電流の波形の変化によって、狭心症、心筋梗塞などを引き起こす冠動脈の動脈硬化、不整脈など心臓のリズム異常の診断まで行えます。
一般的にドックで心疾患を調べるために行う心電図検査は、通常の健康診断で実施される安静時心電図のほかには、運動負荷心電図、ホルター型心電図の2つがあります。

運動負荷心電図

安静時の心電図で異常がなくても、運動したときの心臓にかかる負荷を測定する運動負荷心電図により心疾患を発見できることがあります。また、心疾患の発見だけでなく、心臓の状態における運動許容量の目安をつけることもできます。安静時と運動中または運動後、それぞれの波形を比較します。測定方法は、スポーツジムでよく見られる、エアロバイク型のエルゴメーター法やルームランナー型のトレッドミル法、2段の階段昇降運動を行うマスター法などがあり、いずれも一定時間運動します。

ホルター型心電図

短時間の心電図では異常が見つからないものの、わずかな不整脈や狭心症などが疑われる場合には、24時間1日の生活を通して心臓の動きを記録しておく、ホルター型心電計を用います。胸部にやや小型の電極、腰に記録装置を取り付け、その上から衣服を着ます。24時間の記録をとった後、専門機関でデータを解析して波形やリズムに異常がないか観察します。1日の記録を計測するため、電極は就寝時にも着けておき、入浴は厳禁です。

胸部造影CT(冠動脈CT)

心臓の周りを覆う冠動脈をX線で撮影し、血管の狭窄や梗塞の状態から心筋梗塞や狭心症などの所見の発見に役立ちます。腕の静脈に造影剤を投与後、CTスキャンで心臓および冠動脈を撮影、冠動脈の画像をモニターに映し出します。この検査は、造影剤を注入するため多少の痛みをともない、また副作用の可能性がゼロではないほか、時間も約40分~1時間を要します(時間は医療機関により異なります)。

写真
造影剤を注入し、CTに入ります

写真
64列CTで撮影した心臓。血管が途切れているのがわかります

心臓MRI

写真
心臓MRIによる立体画像(画像提供:メディカルスキャニング)

MRI(磁気共鳴断層撮影)はこれまで、心臓を観察するには不向きな機器という位置づけでした。それが技術の進歩により、高性能のMRIでは冠動脈の撮影をすることも可能となりました。
MRIでは、骨の影響を受けずに臓器を観察することができ、切開せずとも全方位的に病変の場所、形や広がりを特定できます。心臓MRIでは冠動脈を立体的に撮影し、狭窄などの形状の変化を調べることが可能です。
検査時間が30分程度と多少長くかかるうえに、工事音のような騒音で気分が落ち着かない、気分が悪くなるといったことなどがあります。 X線を用いないので被ばくの心配はありませんが、磁気を用いるため、心臓ペースメーカーや脳動脈クリップなどが体内にある、またアクセサリーなどの金属を体につけたままでは検査できません。

胸部エコー(心エコー)

写真
心臓の大きさや弁の形や心筋の動きから、心雑音の原因や心肥大の有無などがわかります

心臓に向けて発信した超音波とその反射波から、白と黒の濃淡のついたメリハリのある画像を得られます。胸部にプローブ(探触子)をあて、心臓がポンプとしてのスムーズな血液供給を行っているかを確認します。
心臓は、一つひとつの部位が正常に機能しないと、スムーズな血液の供給ができなくなります。この検査では、心房や心室の縮小・肥大はないか、心筋は一定のリズムを保って動いているか、弁の逆流がないかなど各部位ごとに形状や動きを画像でとらえることができ、あらゆる心疾患の診断の役に立ちます。

胸部ドップラーエコー

前述の心エコーに加え、血液の流れる方向を色で観察することを、カラードップラー法といいます。心臓の血管に血栓がないか、穴が開いてないか、弁の逆流の程度などを調べることができます。

東京地下鉄株式会社健康支援センター 所長 鷲崎 誠(わしざき・まこと)
2009/10/30 更新

心臓ドックって何するの?|検査の流れ|日本人の死因第2位は心臓病。専門ドックで早期予防を

写真

早期発見というと“がん”ばかりが注目されがちですが、実は日本人の死因第2位の心臓病(厚生労働省調べ)も早期発見が大原則。動悸、息切れ、胸の痛みなどの自覚症状を感じたら要注意。自分の血管年齢や心臓の健康状態をしっかり検査して「突然死」を防ぎましょう。一般的な検査は心電図や胸部X線のみですが、それだけではあなたの心臓を守れません。最新鋭の冠動脈CTを使った専門性の高い心臓ドックならより精密な検査が可能です。心臓ドックは、1.動脈硬化危険因子、2.全身の動脈硬化の状態、3.あなたの心臓の現状、を総合的に評価します。

心臓ドックの流れ(検査の進行状況により、順番が若干前後する場合があります。)

検査当日の朝

朝食を抜きます。カロリーのない水やお茶などは飲んでもかまいません。また当日の喫煙は避けてください。糖尿病などの薬を服用している場合は、事前に受診施設に確認しましょう。自宅で尿検査用の採尿をします(早朝尿)。

step1:来院・受付/問診表の確認・採血

朝食を抜いて来院、受付をすませて尿検体を提出します。
事前に記入した問診表、検査承諾書を提出し、検査着に着替えた後、看護師が問診表の内容を確認しながら採血を行います。血液検査では糖代謝、脂質代謝異常に加えて、冠動脈疾患のリスクを推定する高感度CRPを測定ます。
※心臓の筋肉が活動するために必要な血液を供給する血管を冠動脈と呼びます。この血管が細くなったり詰まったりするのが、狭心症・心筋梗塞です。

step2:冠動脈CTの準備

心電図および胸部X線写真
最初に身体測定、心電図と胸部のX線写真を撮影します。これは事前に不整脈などの異常がないかを確認し、冠動脈CTをより安全に行う意味もあります。
専門医による問診と診察
冠動脈CTは検査精度を高める「造影剤」を投与して行う検査です。以前に造影剤に対してアレルギー反応を起こしたことがある方、喘息やじんましんで治療を受けている人、腎臓や肝臓に障害のある人は、検査を受けられないことがあります。専門医による問診と診察によって最終的に冠動脈CTを行えるかどうかを判断します。
心拍数をおさえる
冠動脈CTはゆっくりと安定した心拍数のもとで良好な画像を得ることができます。このため、心拍数をおさえる薬を飲み、安静時心拍数を60/毎分程度に落ち着かせます。服用するのはβ遮断薬といって通常の高血圧治療で使われる薬です。薬が効くまで1時間ほどかかるため、その間にほかの検査を行います。

step3:頸動脈エコー

仰向けに寝て、アゴを少し持ち上げます。超音波を通りやすくするためのゼリーを首に塗り、超音波プローブをあてて観察します。動脈は内側から、内膜、中膜、外膜の3層の組織です。動脈硬化が進むと内膜と中膜に「脂質」が溜まり、内側に向かってこぶのように膨らむので、血管が狭くなります。頸動脈に動脈硬化性の病変があると、脳梗塞や冠動脈疾患の発症リスクが高くなります。   写真

step4:心臓エコー

検査着の前をあけ、体の左側を下にして横になります(45~90度)。肋骨の間に超音波プローブをあてて心臓の様子を観察します。心臓の大きさや弁の形や心筋の動きから、心雑音の原因や心肥大の有無などがわかります。   写真

step5:血圧脈波

胸に心音マイクをつけ、両腕、両足の血圧を同時に測ります。
心臓から脈が腕と足まで伝わる速度「脈波」から血管年齢がわかります。しなやかな若い血管では脈波の伝わりかたはゆっくりですが、動脈硬化性の血管は硬いため脈波のスピードが速くなります。ちなみに血管年齢10歳は秒速約6m、65歳では約16m、80歳以上で約25m。実年齢より血管年齢の老化が進んでいたら要注意です。また、足首の血圧が上腕の血圧より極端に低い場合は下肢の血管が詰まっている、あるいは狭くなっていることが考えられます。
  写真

step6:眼底検査/肺機能検査

眼底検査では、血管を直接観察するため眼底の写真を撮り、血管病変の有無を確認します。肺機能検査では、肺活量などから呼吸器が正常に活動しているかどうかを確認します。息切れなどの症状が、心臓以外の原因ではないかチェックします。

step7:冠動脈CT/内臓脂肪CT撮影

検査台に仰向けに寝ます。心臓の血管を拡張させる薬を口の中にスプレーした後、心電図電極をつけ、装置を心臓の位置に合わせます。撮影時の息止め練習後、本番の冠動脈CT撮影を行います。まず少量(40~60cc)の造影剤の点滴を受け、息を吸ってしっかりと止めます。息止め時間は10~15秒ほどです。この時、造影剤の影響で一時的に体が熱くなりますが、すぐに治まります。検査はトータル20分ほどです。検査後は15~30分ほど安静にしてから点滴の針を抜き、問題がなければ終了です。冠動脈CTでは心臓の表面を走る、4mm以下の血管を観察できます。血管が狭くなる、あるいは詰まっている場合は心筋梗塞や狭心症を予防するため早急な治療が必要です。同時に内臓脂肪CTを撮影する施設もあります。   写真

ワンポイント

検査終了後の注意点
造影剤は速やかに尿から排泄されます。検査終了後は十分に水分をとってください。また当日のアルコールは控えましょう。まれに検査後数日以内にアレルギー症状が出る場合もあります。じんましん、むくみなど気になる症状があらわれた場合は、検診施設に連絡しましょう。

step8:検査結果の説明

冠動脈CTは最新鋭の64列マルチスライスCTの登場によって、初めて有用な診断が可能になった極めて専門的な検査です。検査結果も循環器専門医による読影と説明が必要です。
当日の一次結果で何らかの異常が見つかった場合は、高血圧、脂質代謝異常などのコントロールを含めた治療を開始します。必要に応じて専門施設や近隣の専門医を紹介してもらいましょう。異常が見つからなかった場合でも、冠動脈疾患のハイリスクの人(高血圧、糖尿病、脂質代謝異常、喫煙などの危険因子を持ち、血縁者に狭心症や心筋梗塞の人がいる)は3年に1回程度の検診がおすすめです。
  写真

取材協力:医療法人社団 榊原厚生会 榊原サピアタワークリニック

※上記記事は、取材にご協力いただいた医療機関が実施している検査の流れです。心臓ドックを提供するすべての医療機関のメニューに該当するわけではありません。

心臓ドック受診を開始したい年齢 50歳
心臓ドックの受診頻度 2~5年に1回(初回受診時に異常がなかった場合)
ハイリスク群 高血圧、糖尿病、脂質代謝異常、喫煙、などの危険因子を持っている方、運動時に胸が痛くなるなどの自覚症状を持っている方、血縁者に心臓病(狭心症心筋梗塞)の方がいる方 など

※なお、ハイリスク群に思い当たる場合は、上記の受診開始年齢に達していなくても、一度は受診することをおすすめします。

心臓ドックを探す

都道府県から探す都道府県から探す

北海道・東北
関東
甲信越・北陸
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
東海
近畿
中国・四国
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

注目の施設

受ける検査がわかる 何の検査を受けるべき?と迷ったら、ここからチェック!

  • 性別・年代からズバリ!わかる ドック検診早見表
  • 「はい」と「いいえ」でわかる タイプ別チェック
PET���f���W �]�h�b�N����f�ł���{�ݓ��W

【人間ドック・がん検診を探す】

【心臓ドック(検診)を沿線・駅から探す】