対馬ルリ子さんからの人間ドック・検診に関するあなたへのメッセージ。人間ドックや検診で早期発見・早期治療を。

人間ドックのここカラダ > あなたへのメッセージ > 対馬ルリ子さん

あなたへのメッセージ|検診は、可能性を広げるための投資です
あなたの人生を応援するドクターを見つけてください

写真

今回お話を伺ったのは|対馬 ルリ子(つしま るりこ)さん

ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニック 院長

周産期学、ウィメンズヘルスが専門。1984年弘前大学医学部卒業後、東京大学医学部産婦人科学教室入局、都立墨東病院周産期センター産婦人科医長などを経て02年、ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニック開院。03年には女性の心と体、社会とのかかわりを総合的に捉え、健康維持を助ける医療(女性外来)をすすめる会「女性医療ネットワーク」を設立、全国230名の女性外来医師、女性医療者と連携して活動している。

日本の女性たちのウェルネス(※)のためにさまざまな活動を続けている対馬ルリ子先生。「10代、20代のやりたいコトがたくさんある世代ほど、女性検診を受けてほしい」と言われる訳を伺ってきました。
※体の健康にとどまらず、社会的、精神的な面でも豊かで充実した生命活動のこと

女性がかかりやすい病気を、若いうちから予防しましょう

写真

これまでの日本の医療は、病気になった時に病院に行って治療する、というシステムでした。でも時代がかわって「急性期」の病気―感染症やケガが減って、逆に生活習慣病やがんのような「慢性疾患」が増えていますよね。しかも男女ともに平均寿命が延びて、慢性疾患を抱える期間も長くなっています。やはり若い時から生活習慣を見直し、心身を整えることで病気の発症を予防しよう、というのが今の大きな流れです。メタボリックシンドローム健診(特定健診)もその一環ですね。
ただ、メタボ健診はどちらかというと“男性向け”。若い女性は女性ホルモンの影響で「メタボ」にはなりにくい。むしろ女性がなりやすい甲状腺機能障害や関節リウマチなどの自己免疫疾患、それから貧血などを早めに見つけて発症予防することが大事です。貧血の治療をして「私って、こんなにお肌ピカピカで元気だったんだ!」と驚く方もたくさんいるんですよ(笑)。検診をきっかけに、お気に入りの美容師さんに相談するのと同じノリで、医師といろいろ相談しながら病気を予防したり、安心して仕事に取り組んだり、これからの妊娠、出産への不安が解消できたら良いですよね。

月経不順や生理痛の相談でもOKです。10代から婦人科検診へ

写真
検診時にもらう“女性の健康”についての小冊子は、悩めるアナタの心強い味方です

私たちのクリニックで行った検診についてのアンケートでは、初めて婦人科検診を受けたという平均年齢は31.9歳でした。日本の平均からすると早い方ですが、欧米では10代後半から婦人科検診を受けています。あと15年ほど早くしないとね。最初は月経不順や生理痛がつらいという相談でもよいと思います。内診をしなくても、超音波検査と血液検査で、まずは必要なことがわかります。そこから気になる検査を徐々に追加していくといいでしょう。私たちのクリニックでは入門編の婦人科検診費用が1万5千円、超音波と血液検査などが2万円と、大学生のお小遣いの範囲で1年に1回は受診できるように価格設定がしてあります(笑)。
月経不順や生理痛の裏には、致命的ではないけれど普段の生活の負担になったり、不妊症を引き起こすような病気が隠れています。気にしながら放っておいて、35歳を過ぎてから「自分は妊娠、出産できるのかしら、子宮は大丈夫なのかしら」と悩んで来院する女性を前にすると、どうしてもっと早く、という悔やみ切れない気持ちになってしまうこともあるのは事実。なるべく若いうちから、検診や相談に気軽に来てくださいね。

子宮頸がんは、がん化する手前ならば100%治癒します

確かに、日本女性の婦人科検診受診率は低いんですよね。30代に発症ピークがある子宮頸がんでも、検診率は30代で10%未満、20代では数%です。子宮頸がんは、性行為で感染する一部の「高リスク型」HPV(ヒトパピローマウイルス)によるものです。感染から子宮頸部の細胞の軽い変化(軽度異形成)を経て、5〜10年でがんになる「前がん状態(高度異形成)」になるまでの間に自然治癒するケースも多くあります。がん化するのは一部です。でも、子宮頸がん検診で軽度の異形成を見つけることができれば、自然治癒も確認できて安心ですし、万が一、高度異形成に進行しても、立派な“がん”になる前に、簡単な手術でキレイに治すことができます。前がん状態ならば、100%治癒しますよ。
一昔前は20代半ばの若い女性が命をおとす原因は「お産」でした。でも今は「子宮頸がん」や「乳がん」などの悪性新生物(がん)です。そう考えると、やはり若い女性が、女性に多いがんから身を守ることは大事だと思います。自分の可能性をどんどん広げていく若い時期だからこそ、自分で将来の選択肢を狭めないように、検診を受けてほしいのです。

写真 前がん状態からがんになるイメージ図(子宮頸がん予防の会小冊子より転載)

自分のウェルネスへの投資で、意識がかわります

写真
ウィミンズ・ヘルスケア専門の女性医師と女性スタッフが、あなたの健康と素敵な人生を応援します

子宮頸がん、そして乳がん検診は、命を救うことができると「証明」された数少ない検診(※)です。海外では公的機関の援助があり無料で検診できる国も多いですね。日本でも20歳以上は自治体が補助を出していますが、なかなか受けにくいようです。そんななかで自分のお小遣いから1万円を出すというのは、とても勇気が要ることだと思います。でも一度、検診という形で自分の健康や将来の可能性に投資すると、ものすごく意識がかわります。これは私たちのクリニックに来院している女性たちから感じること。ヘアカットやネイルだけではなく、内側からもキレイになっていこう、何かを得ようとする意識が強くなってくるのですね。自分でお金を出してみて初めて、イヤイヤ受けていた企業の定期検診の価値がわかり、社会の一員として尊重されているという自覚が生まれた、という方もいます。自分にとって意味のある投資をすると、自分自身への信頼感やセルフ・イメージは間違いなく高まります。ですから一度は、費用がかかっても、子宮がん検診を受診してみてください。それ以上に得るものが、絶対にありますよ。
※がん検診の手法にはいろいろありますが、死亡率が下がることが科学的な方法によって証明されている検査は7種類(2008年12月現在)。「子宮頸部の細胞診」と、「視触診とマンモグラフィ(乳房X線)の併用」はそのうちの2つです。詳しくは国立がんセンター がん情報サービス

子宮頸がん予防の会

写真

知って防ごう、子宮頸がん 〜 娘をもつ母親として。女性専門医としての願いです

2008年9月1日、私を含めた女性医師3人を発起人として「子宮頸がん予防の会」が発足しました。発起人3名の共通点は娘をもつ母親であること。若い世代の可能性をいとおしむからこその行動かもしれませんね。子宮頸がんは検診をきちんと受ければ100%予防できる、ということを一人でも多くの女性に知ってほしいと思います。
子宮頸がん予防の会

取材・文/井手ゆきえ
2009/01/15 更新

婦人科検診を探す

受けたい検査をチェック!

  •  マンモグラフィ
  •  乳腺エコー(超音波)
  •  乳房MRI
  •  子宮頚がん細胞診
  •  子宮体がん細胞診
  •  骨盤腔MRI
  •  経膣エコー(超音波)
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

「あなたへのメッセージ」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > あなたへのメッセージ > 対馬ルリ子さん