加藤大基さんからの人間ドック・検診に関するあなたへのメッセージ。人間ドックや検診で早期発見・早期治療を。

人間ドックのここカラダ > あなたへのメッセージ > 加藤大基さん

人生を大切に生きることをがんが教えてくれた

写真

今回お話を伺ったのは|加藤大基(かとう・だいき)さん

1971年愛知県生まれ、医師。99年東京大学医学部卒業後、東京大学医学部附属病院放射線科、国立国際医療センター、癌研究会付属病院などで放射線治療医として勤務。2006年に34歳の若さで肺がんを発見し、医師とがん患者の両方の立場から、医療に取り組む傍ら、闘病中に関心をもった「死生学」を東大文学部で研究中。著書に『東大のがん治療医が癌になって』(ロハスメディア)がある。

東大病院でがん患者さんのために放射線医として働いていた加藤大基さんは、34歳の時に突然「肺がん」を宣告されました。患者としてがん治療を受けて気がついたことや、早期発見の大切さ、医師としてこれから取り組みたいことなどについて伺いました。

余命や生存率が気になり、再発を恐れ、死を意識した

写真

もともと僕は放射線治療医として悪性腫瘍などの患者さんの治療を行っていましたが、2006年に肺がんが見つかり、自分自身が患者となったのです。よく「がん患者になったことで、患者さんの気持ちがわかるようになりましたか?」という質問を受けますが、がんは種類や発見された時点の進行状態によって千差万別で、すべての患者さんの気持ちがわかるようになったとは言えません。しかし、がんの生存率が気になったり、再発の恐怖感を感じながら生きることなどについては、僕自身、まだ手術から5年経過していないので、とても気になりますし、そういう患者さんの気持ちには共感できます。

医師の発言の重みを考え、ていねいに患者さんに説明します

医師の立場で患者さんに接する時には、自分の発する言葉の重みについて、細心の注意を払って説明するように心がけています。僕が専門とする放射線治療は、外科手術や化学療法と並ぶ、悪性腫瘍に対する治療法の三本柱で、レントゲンやさまざまな検査画像の診断をする部門と、放射線を使って実際に治療をする部門があり、他の科の医師たちと連携を取りながら、患者さんにとって最善の治療法を導き出します。常に「自分が患者だったら知りたいこと」を念頭に置いて、患者さんが納得し、少しでも安心して治療を受けられるように、わかりにくい治療法やその効果、副作用などについても、なるべくわかりやすく説明しています。

1秒の大切さを知り、時間を有効に使おうと感じた

写真

2006年に肺がんが見つかったのは、偶然にも軽い胸の痛みを感じて、心臓に何かトラブルでもあるのではと思い、心電図と胸部レントゲンを撮影したのがきっかけでした。その結果、心電図に異常はなく、レントゲンに小さな影が写ったのです。
通常の検査の流れならば、次に内視鏡検査で細胞診(異常が見つかった部位の細胞組織を採取して検査する方法)を行うのですが、僕の肺の影は見えにくく、内視鏡では採取しにくいところにあったので、手術をすることになりました。その結果、がんであることがわかり、すぐに取り除きました。早期に発見でき、転移性がんではなかったので、手術後5年間再発しなければ完治したことになります。今年で3年が経ちますが、やはりまだまだ安心できず、がんが再発する恐怖感は残ったままです。
僕はがんになり、それまで何となく、自分は祖父母と同じように80歳ぐらいまでは生きられるだろうと思っていたのに、ある日突然、「余命1年ぐらいかもしれない」「がんが再発するかもしれない」という現実を突きつけられて、1日、1時間、今という瞬間の大切さを感じました。そして「死」についても考えるようになり、自分が死んだ後も、自分の生きた足跡をこの世に残しておきたいという思いが強くなりました。そこで「死生学」について研究してみたくなり、東大の文学部と共同で、主に死を身近に感じているであろうがん患者を対象としたアンケート調査などを始めました。高齢化と核家族化が進み、身近な人の死に触れる機会も少なくなった私たち現代人が、死を意識するのは難しいことかもしれません。しかし、死は誰にでもいつかは訪れるものです。その時に自分が何を感じ、どう終わりを迎えたいのか、少しでも考えておくことは、決してネガティブなことではなく、前向きに生きる濃度を高めてくれると思います。

「あの時検査すれば」と後悔しないために定期健診を

写真

肺がんは、かなり進行するまで自覚症状もなく、症状が出た時には手遅れの場合も多いので、年に1回は胸部レントゲン検査、タバコを吸う人は喀痰検査も受けてください。がんになってから「あの時、きちんと検査を受けていれば…」と思っても、取り返しがつきません。僕も大腸内視鏡検査は苦手ですが、生きるためならば我慢できますよ(笑)。
検査を受ける時は、検査の意味や内容についてもひと通り理解しておいたほうがいいと思います。自分にとって必要な検査は何かを医師と相談して、納得した上で検査を受ければ、検査数値にも関心がわいてくるはずです。検査を受ける病院については、検査設備の充実度や交通の利便性などは重要なチェック項目だと思います。大規模な病院の場合、専門の医師がしっかり検査結果を診断して、さまざまな意見を出し合って最善の治療法を考えるためには、医師同士の連携がとれているかが重要です。
また、有名な医師だとしても自分に合うかどうかは、実際に話してみないとわかりません。たまたま担当になった医師が、自分ととても気持ちが通じ合い「信頼できる」と思えば、その人が「自分だけの名医」だと言えると思います。
内容を理解して受診することも、医師とのコミュニケーションをとることも、まずは自分の健康に対して積極的になるということです。それがそのまま、健康の維持にもつながるのではないでしょうか。

『東大のがん治療医が癌になって』

東大のがん治療医が癌になって

34歳でがん患者になった医師、加藤大基さんのがん発見から、検査、手術、術後の経過などを克明に綴った一冊。それだけでなく、現役医師として激務に追われる多忙な日々を送った経験をもとに、現代日本の医療が抱える問題を提起しています。

東大のがん治療医が癌になって』を購入する
(加藤大基/ロハスメディア/1575円)

取材・文/宇山恵子
2009/03/19 更新

肺がん検診を探す

受けたい検査をチェック!

  •  胸部CT
  •  胸部単純X線撮影
  •  喀痰細胞診
  •  肺機能検査(スパイロメトリー)
  •  安静時心電図
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

「あなたへのメッセージ」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > あなたへのメッセージ > 加藤大基さん