片木美穂さんからの人間ドック・検診に関するあなたへのメッセージ。人間ドックや検診で早期発見・早期治療を。

人間ドックのここカラダ > あなたへのメッセージ > 片木美穂さん

あなたへのメッセージ|「納得できる治療」を受けるために、患者側も勉強していくことが重要です

写真

今回お話を伺ったのは|片木美穂(かたぎ・みほ)さん

卵巣がん体験者の会スマイリー 代表

1973年生まれ。大阪府出身。2004年に卵巣がんと診断され、子宮・両卵巣を摘出。自身のがん体験をきっかけにインターネットラジオ番組を始め、その後の人生を大きく変えることになる友人と運命的な出会いをする。2006年9月スマイリー代表に就任。現在、会員数は全国に約180名。東京都女性のがん対策委員会事務局も務めている。現在都内で夫、息子との3人暮らし。

「人と繋がることで癒されたい」と始めた活動が、最大の理解者であった友人を亡くしたことから「人のため」へと大きく変わったと話すスマイリー代表の片木さん。「卵巣がん治療におけるドラッグ・ラグ解消を求める署名活動」にも積極的に取り組む片木さんに、ご自身の体験などを通じ、がん検診の大切さについてお話を伺いました。

自分の病気について「知らない」では済まされない

写真
治療中の人にぜひ読んでほしい「がんを知り・がんと向き合い・がんに克つための一冊」

「2人目の子供がほしい」─そう思っていた30歳の時、私は卵巣がんと診断されました。そして「ほぼ100%良性であろう」と説明を受けたうえで行った手術中に、なんとがんの疑いが出たのです。そのまま子宮・両卵巣・大網を摘出しました。この時担当医に迅速な判断を求められた夫が、「命には代えられない」と苦渋の決断をしてくれた結果でもありましたが、当時の自分は治療ガイドライン、標準治療という言葉すら知らず、すべてをお医者さんに任せてしまっていました。のちに巡り合った別の先生が、そんな私をすごく気の毒がって、「あなた自身が病気に対して無知で、また調べもせずにどうするのか。病気は医師が治すのではなく、あなたと二人三脚で治すもの。治す意志と病気に対する知識をもたずに、治療はできません」と叱ってくださったのです。そんな経験があって、お医者さんにただ「お任せ」するのでなく、「納得できる」治療を受けるために、患者側も勉強していくことが重要だと考えるようになりました。

卵巣がんは自覚症状が少ない。だからいつも自分の体の「声」に耳を傾けて

写真
世界に届け! 皆で卵巣がんのリボンをあしらったTシャツを着て「命のリレー」を合唱

2008年、東京都は女性がん(乳がん、子宮がん、卵巣がん、大腸がん)の死亡率を下げるために対策委員会を有志で結成しましたが、日本でのがん啓発活動はまだまだこれから。アメリカでは、2007年にアメリカ対がん協会が「卵巣がんの特徴的な症状として、おなかの張りや頻尿、しつこい便秘、吐き気など、原因がわからないのに2週間以上続いたら、内科ではなく卵巣がんを疑って婦人科に行きましょう」と警鐘を鳴らしたばかり。しかし日本ではまだそこまでいってないのが現状です。
卵巣がんはがんの中でも特に発見が難しく、また自覚症状もないといわれています。だからこそいつも自分の体の「声」に耳を傾けてほしいと思います。
ある方が「下腹が出てきたのは中年太りのせい」と一生懸命エアロビクスに通いましたが、上半身は痩せたのに、お腹はまったく痩せない。変だなと感じて病院に行ったころには、腹水も胸水も溜まっていたそうです。水が溜まって、あっぷあっぷで息もできない、ごはんも食べられないという状態になって初めて気づく人もいるんです。それだけ女性は我慢強いともいえるのですが…。

がんになって映画の予告編が大嫌いに。知る怖さより、知らないほうが怖い

写真
リレー・フォー・ライフ芦屋にて。子供たちに人気のスマイリーちゃんをかぶる片木さん

子宮がん検診の時は、念のため必ず「頸膣エコー」をすること、そして、女性の場合は何かあったら内科ではなく、婦人科へ行くことを強くお勧めします。
なかには「検診を受けて」というと「怖い」という人もいるんですよね。しかし「知らないで放っておいて、がんになってしまうことのほうが、絶対に怖い」。私自身の体験ですが、がんになってから「この映画を見られるまで果たして生きていられるのだろうか」と感じるようになり、映画の予告編が大嫌いになりました。
がん細胞は生まれた時から誰もがもっています。だから「自分は大丈夫」と思わずに、少しでもおかしいと感じたら「安心」するために病院を受診してほしいですね。

卵巣がん体験者の会スマイリー

写真

「“不撓不屈の精神”をもって、日本の卵巣がん医療をよくしたい」と、卵巣がんの患者とその家族のサポートを目的として2006年9月に設立。勉強会、患者同士の交流会、ドラッグ・ラグへの取り組みの3つを柱として活発に活動中。
卵巣がん体験者の会スマイリー

構成・文/山賀美幸
2009/01/15 更新

婦人科検診を探す

受けたい検査をチェック!

  •  経膣エコー(超音波)
  •  腫瘍マーカー(卵巣がん)
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

「あなたへのメッセージ」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > あなたへのメッセージ > 片木美穂さん