安田美沙子さんからの人間ドック・婦人科検診に関するあなたへのメッセージ。人間ドックや検診で早期発見・早期治療を。

人間ドックのここカラダ > あなたへのメッセージ > 安田美沙子さん

あなたへのメッセージ|検診には毎年行っています。病気に気付かず過ごしてしまう方が怖いから。

写真

今回お話を伺ったのは|安田美沙子(やすだ みさこ)さん

TBS「アッコにおまかせ!」、CBC「やすだの歩き方」に出演中。映画『余命1ヶ月の花嫁』への出演や、子宮頸がんをテーマとした映画『いのちのコール ミセスインガを知っていますか』で主人公の河原たまきを演じたことで、役作りを通し、患者やその家族の心情を捉え、がんという病気について理解を深める。マラソンにも挑戦しており、これまで数々のフルマラソンを完走。健康維持や体力づくりなどについても幅広い知識を持つ。私服センスに定評があり、ファッションコーディネートサイト「WEAR」のフォロワーは55万人。最近、初のスタイルブック『#365』(宝島社)を発売した。1982年生まれ。

フルマラソンは3時間40分台で完走する実力。明るいキャラクターで健康的な美しさを持つタレントの安田美沙子さんに、普段の身体への意識や健康へのこだわり、そして病院との付き合い方などについてお話いただきました。

人間ドッグは年に1回、主人と一緒に行っています。

写真

つい最近、主人と一緒に人間ドッグに行ってきました。以前は一人で行っていましたが、結婚してからは毎年、彼の誕生日に人間ドッグに行くことにしているんです。待っているときに話せるし、一人で行くより楽しいです。それに、お互いに人間ドッグに向けて健康に気を遣うようになるので、二人で行くようになって良かったですね。
検査結果に大きな問題はありませんでしたが、貧血があることがわかりました。鉄剤を処方してもらったのですが、それだけではなく、普段から食べ物で健康の維持を意識しているので、鉄分が多く含まれる赤身のお肉を多くとるようにしています。料理をするときも、たとえば、夏だったら枝豆とかトマトとか、旬のものを中心にとるようにして、調味料の砂糖や油を洗双糖やごま油に変えたりして工夫しています。楽しんでやっていますよ。

不規則な生活や食習慣の影響で、肌荒れをはじめ体調を崩したことも。

写真

健康について深く考えるようになったのは、25歳から始めたランニングがきっかけでした。トレーニングを始めたばかりの頃は、お腹がすいたからと揚げ物を好きなだけ食べて、すごく肌荒れしてしまったこともありました。また撮影の現場に入ると不規則な生活が続き、一日一食の癖がついてしまったことも。むくみが出たり、もともと弱かった扁桃腺が腫れてしまったり、身体のちょっとしたトラブルが多かったです。
フルマラソンの大会前は、体調を万全に持って行かなくてはなりません。ランニングのトレーナーさんから身体づくりについていろいろ教えてもらったりするうちに、さすがに一日一食は良くないなと思い、ご飯はいろいろな食材を三食しっかり食べるようになりました。
健康的な生活を意識するようになってから、体調はだいぶ変わりました。昔の方が冷えやすかったし、むくみやすかったです。食べなくても太っていたのですが、今はそうではないですね。やはり健康について、よく知っているか、知らないかは大きいと思いました。今では自分の身体の変化に注意して、今の体調ならこうするとか、こんな可能性がありそうだからこうしようという、自分なりの対策方法が決まっています。

自分に合うドクターとの出会いも大切です。頼れる主治医がいるの、おススメです。

写真

先日、人間ドッグを受けた病院は、私のかかりつけ医のいるところです。以前出演した映画『余命1ヶ月の花嫁』をきっかけに、ドクターを紹介してもらって、それから主治医として、ずっと診てもらっています。
私の家族も一緒に連れていけるような信頼関係があるし、何かあったらすぐ相談できます。同じ先生に診察してもらうと、小さな変化にも気づきやすいようです。頼れる主治医がいるのはいいな…と思いました。
映画『いのちのコール』の役作りのときも、病気について、家族、患者さんの気持ちなど、ドクターから教えてもらいました。『いのちのコール』は、結婚直前に子宮頸がんが見つかり、子宮と卵巣の全摘出を受けて、苦しみながらも闘病し生きていく女性を描いた作品です。演じてみて、同じ女性として他人事ではないと感じました。
ガンが見つかれば、「手術したから終わり」でなく、術後の治療でも薬による副作用に、ずっとつきあっていかなければなりません。映画への主演を通して、女性の病気だけれど、間違った知識が広がらないよう、男性にも病気についてよく知ってほしいと思いました。病気は本人だけが戦うのでなく、家族で一緒に戦うものですから。

若い女性にも、婦人科検診は受けて欲しい。不安なのは最初だけ。病気に気付かない方がよっぽど怖いですよ

写真

若い女性もまず一度は婦人科検診に行ってほしいです。子宮頸がんの検査で、子宮内膜症など、別の病気が見つかることもあるみたいですし。婦人科検診が恥ずかしいとか、行きにくいという方もいると聞きましたが、それは最初の一回だけ。病院でどんな問診や検査をするのか、一度流れを知れば、二回目以降は行きやすくなると思います。
私は二十歳から毎年検診を受けていて、子宮頸がんの予防接種も、ドクターから説明をしてもらって受けました。どんなに忙しくても、検診に行かないで、後から病気を知る方が怖いです。何ごともないとわかれば、心配事がひとつ減りますしね。

『#365』

写真

安田美沙子 初のスタイルブック。シンプルながらセンスの光るおしゃれな私服を1年分大公開。春夏秋冬のベストコーデ、愛用の定番アイテム、おしゃれのルール、初公開の自宅インテリア、美しさを保つ美容法、こだわりの結婚式など、見どころ満載の一冊です。すぐに真似したい、リアルな毎日のコーディネートがいっぱい!おしゃれ、仕事、旦那さんとの出会いから結婚、これからについて語ったロングインタビューも必見です。また、ブログで募集した安田美沙子に聞きたい100のQ&Aも収録。 今の安田美沙子のすべてが凝縮されたスタイルブックです。

#365』を購入する
(宝島社/2015年7月)

夫婦で受けたい人間ドック
人間ドックを探す
レディースドックを探す
婦人科検診を探す
子宮がん検診を探す

受けたい検査をチェック!

  •  法定健診
  •  胸部単純X線撮影
  •  喀痰細胞診
  •  安静時心電図
  •  腹部エコー(超音波)
  •  胃カメラ(上部消化管内視鏡)
  •  経鼻胃内視鏡
  •  胃バリウム(上部消化管造影X線撮影)
  •  便潜血検査
  •  B型C型肝炎ウイルス検査
  •  腫瘍マーカー(前立腺がん)
  •  マンモグラフィ(乳房X線撮影)
  •  乳腺エコー(超音波)
  •  子宮頸部細胞診
  •  子宮頚がん細胞診
  •  子宮体がん細胞診
  •  骨盤腔MRI
  •  経膣エコー(超音波)
  •  骨密度検査
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

「あなたへのメッセージ」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > あなたへのメッセージ > 安田美沙子さん