肺がん検査・検診が受診できる施設を探して予約できます。

肺がん検診(検査)で早期発見・早期治療を。

  • ここカラダならPontaポイントが最大3%たまる。いままでためたポイントも利用可能!

ここカラダ
予約受付ダイヤル

※医療機関ではありません

医療機関選びに迷ったら是非お電話ください!

連絡先詳細
  • ※医療機関直通ではありません。
  • ※ここカラダは、人間ドックの予約サービスとなっております。医療行為(病気、治療など)に該当するご相談はお受けしかねますので予めご了承ください。
  • ※ご予約のキャンセルにつきましては、直接医療機関にお問い合わせください。
  • ※人間ドックは健康保険の適用はありません。全額自己負担となります。
  • ※お電話によるご予約は、ポイント利用/付与の対象外となります。
人間ドックのここカラダ > 肺がん検査・検診の予約

肺がん検診

肺がんは、早期段階では自覚症状がほとんどないため、肺がん検診によって早期発見をすることが大切です。そして喫煙は、肺がんと因果関係があるとされています。喫煙歴のある人は一度肺がん検診を受診するとよいでしょう。肺がん検診を受診開始したい年齢は、男性は50歳、女性は55歳です。ヘビースモーカーは40歳を過ぎたら肺がん検診を受診することをおすすめします。

肺がん検診について知りたい方はこちら

肺がん検診を探す

都道府県から探す都道府県から探す

北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
近畿
中国・四国
九州・沖縄

人気ランキングを見る

肺がん検診の検査どれ選ぶ?|検査の内容・比較|肺がんは喫煙者だけの病気にあらず
いずれも比較的簡単な検査なので、定期的な受診を!

“喫煙者の病気”というイメージをもつ人も多い、肺がん。もちろん、タバコは肺がんリスクを高める最たる要因ですが、遺伝的要因や、環境汚染、過去の呼吸器疾患なども無視できません。「1日に吸う本数×喫煙年数」が400以上の重喫煙者は早急に、それ以下の喫煙者や非喫煙者も40歳を過ぎたら肺がん検診を受けたほうがよいでしょう。
従来、肺がん検診には喀痰細胞診と胸部単純X線が用いられてきましたが、近年では胸部CTも活用されるようになりました。胸部単純X線は通常の健康診断にも含まれており、多くの人が毎年受診しています。喀痰細胞診や胸部CTを受診することで、肺の健康状態をより詳しく調べましょう。

肺がんの検査のメリット・デメリット

検査名 メリット デメリット
胸部CT
  • 肺の病変の早期発見に最適
  • 胸部単純X線に比べ、初期段階の小さながんを発見することが可能
  • 心臓ペースメーカーなど体内に金属が存在する場合は、検査ができないことがある
  • 放射線の被ばく量が単純X線検査と比較して数倍~数十倍と多い
喀痰細胞診
  • 肺門部のがんを見つけやすい
  • 喀痰の採取が困難な場合がある
  • 3日間採取し続けなければならない
胸部単純X線撮影
  • ほとんどの検査施設で撮影が可能
  • 初期の小さながんや、心臓、血管、骨など、他の臓器や組織に重なってしまう位置にある病変を発見するのが困難
  • きわめてわずかながらX線による被ばくがある

胸部CT

CTとはコンピュータ断層撮影のことで、体内を輪切り状態にしてX線撮影します。単純X線撮影が平面的なのに対して、CTを使えば臓器の状態を立体的、かつ多角的に鮮明に見てとることができます。奥深くに巣食う病気が見つけにくい肺などの画像診断には、らせん状に切れ目なく連続撮影を行うヘリカルCTが適しています。また、従来のCTが撮影する枚数分、何度も息を止めなければならなかったのに対し、ヘリカルCTは1度息を止めるだけでらせん状にすばやく撮影を行えるという利点もあります。 肺がんのほか、肺結核、肺炎、気管支炎、肺気腫、肺のう胞、縦隔腫瘍、肺内血管異常などを見つけるのに優れた検査です。

写真

写真
64列CTによる肺の立体画像(画像提供:八王子クリニック)

喀痰細胞診

写真
喀痰採取用キット(医療機関により使用キットは異なります)

喀痰細胞診とは、痰(たん)を採取して、肺や気管支などの細胞の異型性、細菌の有無などを調べる検査です。一般的には3日にわたって採取、検査します。
自分で喀痰を採取し、医療施設に提出するのですが、いくつかの注意点があります。

  • 容器に採取する際、菌が入り込むおそれがあるため、ティッシュやガーゼを経由しない
  • 喀痰採取後は速やかに医療機関に提出する
  • 喀痰が出にくい場合は、朝起きてすぐに蒸気を吸い込んでから空せきをする。または前かがみになり、胸のあたりを軽く2~3回叩く

喀痰細胞診は痰の中にがん細胞が存在するかどうか調べるための検査です。結核など細菌性の疾患でも痰を調べますが検査は細菌培養で行います。 喀痰細胞診単独で行われることはなく、肺がん検診では、胸部単純X線と併用されます。

胸部単純X線撮影

胸部単純X線は、肺や心臓、左右の肺の間にある縦隔などをX線照射して平面撮影し、濃淡をみる検査です。胸部臓器の形状をチェックし、病巣の広がりなどもわかります。設備も普及しており、比較的簡単で優れた検査なので、健康診断などにおける初期検査に用いられます。 胸部単純X線写真では、心臓の形状や縦隔の病変、肺炎、肺結核、肺がん、胸水、胸膜の病変などを見つけることができます。ただ、肺がんの場合、腫瘍の大きさや位置によって見つけづらいこともあり、喀痰細胞診との組み合わせや、胸部ヘリカルCTなどを併用すると検査の精度がより高まります。
また、胸部単純X線検査で受ける被ばく量はきわめて少ないので、通常の受診頻度を守れば健康を害する心配はありません。最近のデジタル撮影装置ではさらに被ばく量を減らせるようになりました。ただし、妊娠中もしくは妊娠の可能性がある人は、事前にかかりつけ医や受診施設に相談しましょう。

写真

写真
撮影された画像(画像は女性のもの)

東京地下鉄株式会社健康支援センター 所長 鷲崎 誠(わしざき・まこと)
2009/10/30 更新

肺がん検診って何するの?|検査の流れ|喫煙歴がある人は、現在禁煙していても一度検査を

写真

現在日本人のがんの中で死亡率第1位の肺がんは、早期段階では自覚症状がほとんどないため、検診によって早期発見をすることが大切です。そして喫煙は、肺がんと因果関係があるとされています。現在は禁煙していても長年の喫煙でCOPD(慢性閉塞性肺疾患)などの病気にかかっている可能性もあるため、喫煙歴のある人は一度受診するとよいでしょう。

肺がん検診の流れ

受診当日まで

検査予約をすると、喀痰細胞診のキットが自宅に届きます。当日までに指定日数分の痰を採取し、受診当日に持参します。   写真

ワンポイント

喀痰を採る時は、朝起きた直後にうがいをしてのどを湿らすと痰が出やすくなります。深く息を吸い、空咳を繰りかえして、のどの奥にからまる痰を皿に出します。痰が出にくい時は胸をたたいたり、湯気を深く吸い込んだりして肺の奥から出してください。その後、痰を箸でつまんで、唾液や鼻水が混ざらないように専用容器に入れます。この時に無理をして痰を出そうとすると、のどを痛めて痰に血が混ざることがあるので気をつけましょう。

step1:受付、着替え

受付をすませた後、受診する検査の流れと検査内容の説明を受けます。問診表がある場合は、肺がん検診歴のほか、喫煙歴、毎日のたばこの本数、肺がんにかかった家族はいるか、などを記入します。また気になる症状や医師への質問がある場合もあわせて記入しておきます(医療機関によってはあらかじめ問診表が自宅に送付されます)。   写真

ワンポイント

当日朝の食事は、血液検査の検査項目が腫瘍マーカーのみであるか、血液検査がなければ普段と同じように食べてもかまいません。ただし人間ドックなどでほかの検診も同時に受診する場合は飲食不可の場合もあるので、あらかじめ受診する医療機関に確認をしてください。また受診当日持参するものは以下のとおりです。

<当日持参するもの>
採取済みの喀痰細胞診キット
問診表(事前に自宅に送付されている場合)

<当日持っていくと便利なもの>
メガネケース、コンタクトレンズケース(使用している人のみ)
アクセサリーをしまうポーチ類(時計、指輪、ネックレスなどを身につけている場合)

step2:採血(血液検査)

各検査が始まります。
血液内に含まれている腫瘍マーカーの値を調べます。腫瘍マーカーとは、がんの進行とともに増加する物質のことで、肺がん検査では主にCEA、CYFRAという種類の腫瘍マーカーがどのくらい含まれているかを調べます。ただし腫瘍マーカーの多くは、健康であっても血液中に存在しているため、腫瘍マーカーの値が高いからといって必ずがんが発見されるわけではありません。
  写真

step3:胸部CTスキャン

胸部CTスキャンは、X線を使って胸部の断面を1cm間隔で撮影します。胸部X線では心臓や血管の後ろに隠れているがんを発見するのは困難ですが、胸部CTスキャンは心臓や血管に隠れた肺がんや小さながんを発見するのにも有用です。
撮影自体は20秒程度で終了し、1回の撮影データを2種類にわけて出力します。
まず肺の中の細い血管、気管支、肺胞などの気になる部分を強調して出力する肺野条件。画像が白っぽく見えるのが特徴です。一方、心臓、大動脈、リンパ節、食道、脊椎骨などが集中している縦隔の状態を確認するために出力するのが縦隔条件で、この画像は黒っぽく見えます。
  写真

ワンポイント

CTスキャンは、X線を使用して撮影するので、妊娠中または妊娠の可能性がある人、ペースメーカーを使用している人は受けられません。

step4:胸部X線撮影

背中側からX線を照射すると、胸部に当てているカセット内のフィルムが感光し、X線が通り抜けた体の部分によって濃淡のある写真が撮れます。写真には骨や臓器の大半は白く写りますが、肺はほとんどが空気でX線が通り抜けやすいので、肺の部分はたいてい黒く写ります。しかし肺に腫瘍があったり、肺炎や結核などの病気である部分は白く写ります。
肺がん検診によって、肺炎や結核、COPDなどの肺がん以外の病気が見つかることもあります。

step5:問診

問診表を参考に、喫煙歴や気になる症状について問診します。また必要に応じて聴診、触診を行います。当日の検査は30分~1時間程度で終わります。後日、2週間程度で、事前に採取した喀痰細胞診の結果もあわせた検査結果が送られてきます。   写真

取材協力:春日クリニック第二

※上記記事は、取材にご協力いただいた医療機関が実施している検査の流れです。肺がん検診を提供するすべての医療機関のメニューに該当するものではありません。ご了承ください。

肺がん検診を開始したい年齢 男性:50歳 女性:55歳 ※喫煙者は男女とも40歳が目安
肺がん検診の受診頻度 1年に1回
ハイリスク群 家族にがん経験者がいる、糖尿病・脳卒中・心臓病など生活習慣病の人 など

※なお、ハイリスク群に思い当たる場合は、上記の受診開始年齢に達していなくても、一度は受診することをおすすめします。

肺がん検診を探す

都道府県から探す都道府県から探す

北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
近畿
中国・四国
九州・沖縄

注目の施設

受ける検査がわかる 何の検査を受けるべき?と迷ったら、ここからチェック!

  • 性別・年代からズバリ!わかる ドック検診早見表
  • 「はい」と「いいえ」でわかる タイプ別チェック
PET���f���W

【人間ドック・がん検診を探す】

【肺がん検診(検査)を沿線・駅から探す】