1年に1度、女性に受けてほしい乳・子宮がん検診とレディースドック

  • ここカラダならPontaポイントが最大3%たまる。いままでためたポイントも利用可能!

人間ドックのここカラダTOPレディースドックの予約ピンクリボン特集 レディースドック特集

ピンクリボン特集 1年に1度、女性に受けてほしい乳・子宮がん検診とレディースドック

1年に1度の受診が早期発見や不安の解消にも繋がります。検査内容や料金などをしっかり比較して、今のあなたにぴったりな検診施設を探しましょう。

【写真】島田先生

メッセージをいただきました

島田菜穂子 乳腺科・放射線科医師

筑波大学医学専門学群卒業

ピンクリボンブレストケアクリニック 表参道 院長

認定NPO法人 乳房健康研究会(ピンクリボン運動)副理事長

症状がないからといって検診を受けていない、
1度受けて、何もないからと安心して、定期的に受診しない女性が非常に多いです。

症状がないからこそ受けるべきですし、定期的に受けてこそ検診の意味があります。
20代の若い方でも子宮頚がんにかかる方もいます。
そして30代になると増える乳がんは、
今や、日本人の働き盛り年代の女性がもっとも多くかかるがんなのです。

検査法や画像診断の進歩で、
検診は自覚症状が出る前のたいへん早期の異常を発見できるようになりました。

「あの時受けておけばよかった、、」
病気になってから、後悔するのはとても辛いことです。
自分のカラダを大切にする、きちんと、主体的に自分のメンテナンスをする。

いざ症状があったときにあわてないように、症状が無い、正常なときから、
ヘルスケアのパートナーになってくれる信頼のできる病院、医師を選んで
乳がん・子宮がん検診を受ける習慣を作りましょう。

それが、乳がん・子宮がんに負けない大切なポイントなのです。

【写真】ピンクリボンブレストケアクリニック 表参道

ピンクリボンブレストケアクリニック表参道

東京都渋谷区北青山3-6-19 バイナリー北青山2F

乳・子宮がんの流れ

受付・問診表の記入・着替え

受診する検査の流れと検査内容の説明を受け、問診表にふだんの生活、既往歴などについて記入します。問診表には婦人科検診歴のほか、結婚歴の有無、妊娠・出産および授乳経験、乳・子宮がんにかかった家族はいるか、などを記入します。 また不正出血がある、乳房にしこりを感じる、痛みがある、乳頭から出血や分泌液があ・驍ネど、気になる症状や医師への質問がある場合もあわせて記入しておきます(医療機関によってはあらかじめ自宅に郵送されるところもあります)。

【イラスト】Check!

問診

事前に記入した問診表をもとに、気になる症状やふだんの生活について話をします。ここでは女性特有の病気以外の症状についても遠慮しないで話しましょう。

視触診

乳がん検診では、ベッドに横になり、乳房の形に変形がないか、しこりが触れないかを確かめます。

内診

内診台に上がり、婦人科医が子宮頸部や膣の内部に出血の有無やびらん(ただれ)などがないかを調べます。

子宮頸部細胞診

内診台に上がった状態で、婦人科医が子宮頸部を綿棒などで軽くこすって細胞をとります。細胞採取は2〜3分程度で終わり、痛みもほとんどありません。ただし妊娠中の人や採取箇所にびらんがある人は、軽い出血を起こすことがあります。

経膣超音波(エコー)検査

【イラスト】こわくない!

使い捨てのキャップをかぶせた細い超音波器具を膣内に挿入して、はね返ってくる超音波を見ながら子宮の状態を調べます。この検査では子宮頸がんや子宮体がんだけでなく、子宮筋腫の有無、卵巣嚢腫なども一緒に見ることができます。この検査も婦人科医が行います。

マンモグラフィ

【イラスト】Relax

マンモグラフィは、X線で乳房を撮影する検査です。検査は機械に片方ずつ乳房を挟み、押しつぶして撮影を行います。また撮影は左右それぞれ片方ずつ乳房を上下から挟んで行い、その後わきの下から斜め方向に乳房を挟んで撮影します。この検査で、乳房からわきの下にあるリンパ節にかけて、しこりの有無や大きさ、位置などがわかります。通常5分程度・ナ終わる検査です。

乳腺超音波(エコー)検査

乳腺超音波検査はX線を使用しないので、妊娠中の人や妊娠の可能性のある人も検査可能です。ベッドに横になって片手を上げ、手を上げている方の胸に超音波をあてて、はね返ってくる超音波(エコー)を画像化して異常がないかを調べます。マンモグラフィではしこりがはっきりと写らない場合でも、乳腺超音波検査では、しこりの大きさや位置を立体的にとらえることができます。通常5〜10分程度です。

診断結果

後日、総合診断結果が郵送で届きます(医療機関によっては当日検査結果の説明を受けることもできます)。検査の結果、精密検査が必要な場合は、改めて乳房または子宮の疑わしい部位の細胞を採取して調べる生検を行います。

受診前日まで

まず予約をする時は、検診日が生理期間と重ならないようにしましょう。また現在妊娠中であったり妊娠の可能性があると受けられない検査項目があります。予約時に必ずその旨を伝えましょう。