人間ドックのここカラダ

  • ここカラダならPontaポイントが最大3%たまる。いままでためたポイントも利用可能!

人間ドックのここカラダ > 乳がん検診 > 1年に1度受けて欲しい「乳がん検診」

1年に1度受けて欲しい「乳がん検診」

TOPIC1 乳がん検診について知る

TOPIC2 乳がん検診が受けられる施設を探す

TOPIC1 意外と知らない乳がんについて

Q受けた方がいい人って?

がんは、一般的に60歳代以降の人に多く見られる病気ですが、乳がんだけは例外。
中心となる患者層は40〜50代、中には30代で発症することもあります。
毎年、約10,000人の方が乳がんで命を落としており、そのうちの3/5は、早期発見で助かったかもしれない命です。

全年齢を100とした場合の、年代別にみるがん患者率のグラフ
国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」より
Q検診・検査の種類は?

一口に「乳がん検診」といっても、いくつか種類があります。
一般的に、乳腺の発達している20〜30代の方には乳腺エコー、40代以上の方にはマンモグラフィが適していますが、より検査の精度を高めるため、両方を用いて検査する場合もあります。

  • 40代以降におすすめ

    マンモグラフィー

    X線を使用し乳房内部を撮影します。触診では見つけることのできない5mm程度の小さながんも発見できる検査です。
    痛みの感じ方は人によって違いますが、透明なプラスチック板に乳房を片方ずつはさんで撮影するため、多少の痛みを伴うことがあります。

  • 20代〜30代におすすめ

    乳腺エコー

    乳房に超音波をあてて、その反射波(エコー)を画像化し、がん、乳腺症などの乳房の異変を発見する検査です。
    あおむけの状態で乳房にゼリーを塗り、超音波を出す器具をのせて動かします。
    X線照射が無く何度でも検査できるのがメリットです。

  • その他の検査の種類

    乳腺MRI
    脳MRIのように、乳房をMRIスキャンして断層画像を撮影する検査です。詳細な検査ができる反面、時間と費用がかかります。
Q検査費用はどのくらい?

乳がん検診の費用は、一般的に、マンモグラフィーは4,000円〜6,000円、乳腺エコーは3,000円〜4,000円が相場です。
ここカラダでは、乳がん単体での検診のほかに、脳ドックやPET検診との複合コースや、人間ドックとセットになったレディースドックのコースも掲載しています。

マンモグラフィー 4,000〜6,000

乳腺エコー 3,000〜4,000

PAGE TOP