PET検査が受診できる施設を探して予約できます。

PET検査で早期発見・早期治療を。

  • ここカラダなら最大3%(Pontaポイント1%、リクルート期間限定ポイント2%)たまる。いままでためたポイントも利用可能!
ここからだ 予約受付
ダイヤル

0120-109-074

受付時間:平日9:00~19:00

ここカラダ プライバシーポリシー に同意した上で電話する。

医療機関選びに迷ったら、是非お電話ください!

※医療機関直通ではありません。

  • ご予約のキャンセルにつきましては、直接医療機関にお問い合わせください。
  • 医療行為(病気・治療など)に該当するご相談はお受けしかねます。
  • 人間ドックは健康保険の適用はありません。全額自己負担になります。
  • お電話によるご予約は、ポイントの利用/加算の対象外になります。
人間ドックのここカラダ > PET検査の予約

PET検査

がん細胞は正常細胞の3~8倍ものブドウ糖を摂取する性質があります。その性質を利用するのがPETによるがん検診です。 放射性物質を組み込んだブドウ糖(FDG)を体内に注射し、体外からその放射線が多く集まる部分を画像化することでがん細胞の位置を特定します。PET検査は、痛みや苦痛もほとんどなく全身を一度に調べることができます。

※PETとは、positron emission tomography(ポジトロン断層法/ポジトロンだんそうほう)の略です。

PET検査について知りたい方はこちら

PET検査を探す

都道府県から探す都道府県から探す

北海道・東北
関東
甲信越・北陸
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
東海
近畿
中国・四国
九州・沖縄

人気ランキングを見る

PET検査って何するの?|検査の流れ|寝ている間に全身スキャン

写真

最近は導入する医療機関も増えてきたPET(陽電子放射断層撮影装置)によるがん検診。CTなど従来の画像検査が臓器の形から異常を発見するのに対し、PETはがん細胞の活動状態から異常を診断します。
がん細胞は正常細胞の3~8倍ものブドウ糖を摂取する性質があります。PETはその性質を利用した検査で、体内に放射性物質を組み込んだブドウ糖類似の検査薬「FDG」を投与し、その集まり具合を見ることによって、全身のがん細胞を一度に調べることができるうえ、発見したがんの悪性の程度の推測も可能です。なお、強い生理的集積を示す臓器(脳、心臓、腎臓、胃など)には不向きです。

PET検査の流れ

受診6時間前

血糖値が高いと画質に影響することがあります。PET検査を受ける際は血糖値の影響を避けるため、受付時間の5~6時間前から食事を控えます。ただし、糖分を含まない水分はたくさん摂っておきます。

step1:受付/着替え/問診

来院して受付を終了した後、検査着に着替えます。金属製品を身につけていると画像に影響が出るため金属類はすべて外します。既往症、当日の体調について問診を受け、検査の流れなどの説明を受けます。

step2:採血/薬剤投与

PET検査を受ける直前に、血液を採取し血糖値を測定します。安静時の血糖値が200mg/dlを超えると画質に影響するため、撮影時間を延長したり、場合によっては検査を中止することがあります。続いて、検査薬「FDG」を静脈内投与します。

  写真

ワンポイント

PETの検査薬「FDG」は、保存できないため、検査の都度作られています。検査日の変更希望などがある場合は、早めに医療機関に連絡しましょう。

step3:安静

検査薬「FDG」を全身にくまなく行き渡らせるため、1時間ほど楽な姿勢で安静にします。この際、おしゃべりをしたり歩き回ったりすると、動かした筋肉に検査薬「FDG」が取り込まれて正しい診断の妨げになるため、できるだけ静かに休息しましょう。

  写真

step4:撮影

画像診断の直前にトイレに行き、膀胱を空っぽにしておきます。PET装置の検査台に横たわり、撮影を行います。撮影時間は全身(眉の下から足の付け根まで)のスキャンで15~30分ほどです。撮影が終了したら、体内に残った検査薬「FDG」が減衰するまで、30分ほど休息します。

  写真

step5:画像説明

診察室に入り、PET画像を見ながら、説明を受けます。PET画像に検査薬「FDG」の異常な集積などが認められた場合は、精密検査を受診しましょう。

  写真
がんの発見例
PET画像には病変部分にFDGが集積して現れます。
写真:「男性:肺がん」

「男性:肺がん」
左肺尖部付近の腫瘤に、悪性腫瘍を疑う強いFDGの集積を認めます。

写真:「女性:乳がん」

「女性:乳がん」
左前胸部に異常な集積を認めます。

ワンポイント

PET検査は、欧米では悪性腫瘍の検査として日常的に利用されています。がん専門医がPET検査の結果次第で、治療方針を変えることも珍しくありません。腫瘍の状態・範囲によって手術なのか、化学療法なのかと治療方法が変わるからです。日本でもPETは検診だけではなく、臨床に広く用いられつつあります。

※上記記事は、取材にご協力いただいた医療機関の実施している検査の流れです。PET検査を提供するすべてのメニューに該当するわけではございません。ご了承ください。

PET検査を開始したい年齢 40歳
PET検査の受診頻度 1~2年に1回

PET検査を探す

都道府県から探す都道府県から探す

北海道・東北
関東
甲信越・北陸
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
東海
近畿
中国・四国
九州・沖縄

注目の施設

脳ドックを受診できる施設特集 約2時間でしっかりチェック!MRIで全身がん検査!

【人間ドック・がん検診を探す】

【PET検査を沿線・駅から探す】