人間ドックのここカラダTOPPET検診/PET検査の予約 検診特集

「がん」早期発見・早期治療の最先端。「PET検査」を受けてみませんか?

がんは、早く見つかるほど生存率が上がります。
ミリ単位で発見できるPET検査で、全身チェックをしてみませんか?

電話でのご予約はこちら!

受付時間 (平日)9:00〜19:00

※ここカラダ予約受付ダイヤル(医療機関ではありません)

0570-020-031

ここカラダプライバシーポリシーに同意した上で、電話する

PET/CT検査って、なに?

「PET」とは、「陽電子放射断層撮影」 (Positron Emission Tomography)の略で、がん細胞に摂取されるブドウ糖検査薬(FDG)を投与し、画像で診断する方法の検査です。CTがPETと合体したことで全身のがんを一度に精度よく短時間に検査することができます。

もっと詳しく!
がん細胞の「健康な細胞に比べ、3〜8倍ほどのブドウ糖を吸収する」性質を利用し、
ブドウ糖に似た薬剤を投与した時に、体の一部に集まっていないかを画像確認します。

がんの細胞 通常の3〜8倍のブドウ糖を取り込みます。 通常の細胞 ブドウ糖 ブドウ糖に類似した薬剤(FDG)を投与します。約一時間後に撮影をします FDGが多く集まる部位からがんを診断 画像提供豊島PETクリニック(大阪府)

今までのがん検査と、どう違う?

PET/CT検査最大の特徴は、「10ミリ単位のがんでも発見できる」という点です。がん細胞は10ミリを超えると急激に増殖しますが、自覚症状が出る前の小さい内に発見できれば、体に負担をかけることが少ない内視鏡手術や放射線治療で、根治的な治療を行うことができます。乳がん検診(マンモグラフィー)等、体に痛みなどの負担を伴うがん検診もありますが、PET/CTは薬剤投与と画像撮影なので、身体的な負担が少ない点も、これまでのがん検診と異なります。最近は乳房専用PETも登場しました。

受診内容の確認を!

人間ドックを受診する際は、がん検診をつけることをお薦めします。進行がんが見つかってから「毎年健診を受けていたのに…」と驚く方も多いのですが、一般的な健康診断にがん検診がほとんど含まれていないことは、あまり知られていません。人間ドックには胃など一部のがん検査が入っていますが、PET/CT検診なら、全身のがんを一度に調べることができます。忘れず定期的に健診を受けましょう。
※PET検診は全身を検査できますが、もともとブドウ糖の消費の多い臓器(脳、心臓、胃、腎臓など)のがんには不向きとされています

もっと詳しく! CT、MRIとPETの比較

※1:通常の撮影で受けるX線の量は、身体に影響を及ぼすレベルよりはるかに少ない量です
  どんな検査? メリット デメリット
PET/CT FDGというブドウ糖に似た検査薬を静脈投与して全身のがんを一度に精度よく短時間に検査することが可能です。 ・CTと合体したため小さながんを発見できる
・1回の検査でほぼ全身を調べることができる
・放射線被曝がある※1
・早期胃がんや泌尿器系のがんは発見しにくい
・炎症と区別しずらいことがある
CT X線を利用して人体の輪切り映像を得る検査。血管や病変をより鮮明に映し出す造影剤を使用することで、病気を早い段階で見つけたり病気の性質を調べたりすることが可能です。 ・検査効率が高く、検査時間が短い
・MRIに比べると安価
・放射線被曝がある※1
・造影剤を使用する場合、副作用のリスクがある
MRI MRIとは(Magnetic Resonance Imaging;磁気共鳴画像)の略称で、非常に強い磁石と電波を利用して、人体の様々な断面を撮像する検査です。 ・放射線被曝がない
・造影剤を使わなくても血管画像などが得られる
・検査時間に20〜30分かかる
・造影剤を使用する場合、副作用のリスクがある

電話でのご予約はこちら!

受付時間 (平日)9:00〜19:00

※ここカラダ予約受付ダイヤル(医療機関ではありません)

0570-020-031

ここカラダプライバシーポリシーに同意した上で、電話する

受けてみよう!PET検診 〜検査の流れ〜

受付6時間前

血糖値の影響を避けるため、受付時間の5〜6時間前から食事を控えます。(水分はたくさんとっておきましょう)

受付/着替え/問診

検査着に着替えます。既往症、当日の体調について問診を受け、検査の流れなどの説明を受けます。

採血/薬剤投与

検査を受ける直前に、血液を採取し血糖値を測定します。続いて、検査薬「FDG」を静脈内投与します。

安静

検査薬「FDG」を全身にくまなく行き渡らせるため、1時間ほど楽な姿勢で安静にします。

撮影

画像診断の直前にトイレに行き、膀胱を空っぽにしておきます。検査台に横たわり、撮影を行います。撮影時間は15〜30分ほどです。終了後は体内に残った検査薬が減衰するまで、30分ほど休息します。

画像説明

診察室に入り、PET/CT画像を見ながら、説明を受けます。PET/CT画像に検査薬の異常な集積などが認められた場合は、精密検査を受診しましょう。

がんの発見例 PET画像には病変部分にFDGが集積して現れます。

「男性:肺がん」左肺尖部付近の腫瘤に、悪性腫瘍を疑う強いFDGの集積を認めます。「女性:乳がん」左前胸部に異常な集積を認めます。

がんには、早期発見。そして、早期発見にはPET/CT検査が非常に有効です。 ここカラダには、全身フルチェックにおすすめの脳検査付きコース、夫婦や家族で受診される方向けのペアコースなどもあります。

電話でのご予約はこちら!

受付時間 (平日)9:00〜19:00

※ここカラダ予約受付ダイヤル(医療機関ではありません)

0570-020-031

ここカラダプライバシーポリシーに同意した上で、電話する

【監修】
外苑東クリニック  宇野 公一 先生