人間ドックや検診、健康診断(健診)についてのQ&A

人間ドックのここカラダ > 人間ドック・検診Q&A

人間ドック・検診|気になるあれこれQ&A


基礎知識や施設選び・受診のコツ、検査結果の活かし方まで人間ドック・検診にまつわる、気になること、わからないことを集めました。

人間ドック・健康診断・がん検診の基礎知識 編

ページの先頭へ

効果的な受診とするコツ 編

ページの先頭へ

施設・検査の選び方 編

ページの先頭へ

結果の見方・活かし方 編

ページの先頭へ

予防 編

ページの先頭へ

リスク 編

ページの先頭へ

◆お話を伺ったのは… 石川 隆(いしかわ・たかし)さん

東京大学 保健・推進推進本部 健康管理室 講師 丸の内クリニック非常勤医師
1981年東京大学卒業。88年東京大学医学部付属病院第三内科文部教官助手。90年カリフォルニア大学(UCSF)ポストドクトラルフェロー。99年より現職。日本肝臓病学会・消化器病学会・内視鏡学会専門医・評議員。医学博士

◆お話を伺ったのは… 小杉 好紀(こすぎ・よしのり)さん

写真

医学博士・ウイメンズクリニック南青山院長
1995 年東京医科大学大学院終了後、都立大久保病院勤務。米国ベイラー医科大学留学時に良性疾患である子宮内膜症に於いて、ガンと同様の染色体遺伝子異変が多段階的におこる事を報告。同論文により、米国産婦人科医会最優秀学術論文受賞。99年東京医科大学産婦人科学教室講師を経て、現在に至る。日本産婦人科学会専門医、東京産婦人科医会理事

◆お話を伺ったのは… 加藤 大基(かとう・だいき)さん

写真

東京大学医学部付属病院 放射線治療医
1971年愛知県生まれ、医師。99年東京大学医学部卒業後、東京大学医学部附属病院放射線科、国立国際医療センター、癌研究会付属病院などで放射線治療医として勤務。2006年に34歳の若さで肺がんを発見し、医師とがん患者の両方の立場から、医療に取り組む傍ら、闘病中に関心をもった「死生学」を東大文学部で研究中。著書に『東大のがん治療医が癌になって』(ロハスメディア)がある

◆お話を伺ったのは… 坂本 憲枝(さかもと・のりえ)さん

写真

消費生活アドバイザー、日本人間ドック学会機能評価認定施設評価委員
日本女子大学卒業後、特許や利用者サービスに関わる仕事を経て、1991年より消費生活アドバイザーとして活動を開始。2005年、東京大学医療政策人材養成講座の研究で、都内300床以上の89病院を対象に医療情報提供の実態調査を、患者の視点から行い話題を呼ぶ。医療グループあすか代表、日本医療機能評価機構評価委員など

◆お話を伺ったのは… 篠原 幸人(しのはら・ゆきと)さん

国家公務員共済組合連合会 立川病院院長 東海大学名誉教授
1938年生まれ。63年慶應義塾大学医学部卒業、同大学大学院博士課程修了。米国留学、同大学神経内科医長、東海大学医学部神経内科科長を経て、83年東海大学医学部教授。2006年より現職。日本脳卒中学会理事長、脳卒中治療ガイドライン委員会委員長を歴任。一般向けの著書に「脳梗塞と脳出血」(主婦の友社)などがある

◆お話を伺ったのは… 田中 英夫(たなか・ひでお)さん

写真

愛知県がんセンター研究所 疫学・予防部 部長
1986年秋田大学医学部、94年中央大学法学部卒業。同年より大阪府立成人病センター調査部でがんの疫学研究に従事。2005年度より厚生労働省がん研究助成金「保健・医療機関における禁煙支援方法の開発と評価」研究班主任研究者を務める。大阪府立成人病センター調査部疫学課長を経て、現職。医学博士、名古屋大学連携大学院客員教授(がん疫学)。

◆お話を伺ったのは… 豊満 美峰子(とよみつ・みおこ)さん

写真

杉野服飾大学調理研究室 准教授 管理栄養士 博士(栄養学)
女子栄養大学、女子栄養大学大学院卒業。消費経済研究所、女子栄養大学短期大学部を経て現職。研究分野は、食事と色彩・食嗜好など。おいしく楽しい食事の提供が一番の関心テーマ

◆お話を伺ったのは… 溝尾 朗(みぞお・あきら)さん

写真

東京厚生年金病院内科部長・日本内科学会認定総合内科専門医
1963年東京生まれ。88年千葉大学医学部卒業。日本プライマリケア学会認定医、日本旅行医学会理事。産業医やシンガポール日本人会診療所などを経て現職に。「旅行外来」を設置して、海外赴任・旅行・留学などで、海外渡航に関 するさまざまな健康相談などを行っている

◆お話を伺ったのは… 鷲崎 誠(わしざき・まこと)さん

写真

東京地下鉄株式会社健康支援センター 所長
昭和大学医学部卒業後、虎の門病院病棟医・専攻医、順天堂大学呼吸器内科講師、伊勢丹健康管理センター所長を経て現職。虎の門病院健康管理センター非常勤嘱託医を併任。医学博士、日本産業衛生学会代議員、日本サルコイドーシス学会理事、日本呼吸器学会専門医、日本内科学会認定医、日本人間ドック学会認定医

◆お話を伺ったのは… 和田 高士(わだ・たかし)さん

東京慈恵会医科大学附属病院 新橋健診センター所長
1956年生まれ。85年東京慈恵会医科大学内科系大学院卒業。同大学第4内科講師、大学附属病院総合診療室診療医長を経て、2000年東京慈恵会医科大学健康医学センター長に就任。06年より現職。2008年同大学教授に就任。著書に「検査と数値を知る辞典」(日本文芸社)、「図解でよくわかるメタボリックシンドローム」(保健同人社)などがある

「人間ドックのここカラダ」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 人間ドック・検診Q&A