胃の内視鏡について教えて

人間ドックのここカラダ > 胃がん検診・検査の予約 > 胃の内視鏡について教えて

人間ドック・検診|気になるあれこれQ&A


人間ドック・健康診断・がん検診の基礎知識  編

質問 胃の内視鏡はとても苦しいと聞いて、受診が不安です。どのような検査で、どんな効果があるのでしょうか

お答えします

国立がんセンターでは胃の内視鏡検査が基本に

胃の内視鏡は、従来に比べればずいぶん径が細くなって、楽に飲み込めるようになっています。最近では、鼻から挿入する直径5mmのさらに細い経鼻内視鏡も登場しており、これだと飲み込む必要がありません。しかし、細径の内視鏡はまだそれだけ画質や精度が劣ることが多く、どの内視鏡がよいのかも悩むところです。
胃がんの集団検診で厚生労働省が勧めているのはX線写真(胃透視検査)ですが、国立がんセンターのがん検診ドックでは胃は内視鏡検査が基本になっています。多くの健診施設ではどちらかを選択できます。
一般に、早期発見し根治できる早期胃がんの発見率は、内視鏡検査の方が2〜3倍高いとする報告がこれまでのところ多いようです。また胃透視で異常を疑われても精密検査は胃内視鏡でおこないますし、検査時に実際に疑わしい部分があればその場で組織採取して病理検査もできる点も内視鏡検査のメリットです。内視鏡検査が苦手でない方には胃透視検査よりおすすめできると思います。

東京大学 保健・推進本部 健康管理室 講師
石川 隆(いしかわ・たかし)
(出典:保健同人社「暮らしと健康」2009年1月号)
2009/06/11 更新

胃がん検診を探す

受けたい検査をチェック!

  •  胃カメラ(上部消化管内視鏡)
  •  経鼻胃内視鏡
  •  胃バリウム(上部消化管造影X線撮影)
  •  カプセル内視鏡
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

「人間ドック・検診Q&A」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 胃がん検診・検査の予約 > 胃の内視鏡について教えて