医療被ばくが心配

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > 医療被ばくが心配

人間ドック・検診|気になるあれこれQ&A


人間ドック・健康診断・がん検診の基礎知識  編

質問 X線による被ばくが心配です。健康に不安がないなら、むしろ検査を受けないほうがいいのではありませんか

お答えします

被ばく量を知り、不必要な検査は避ける一方で、必要な検査はむやみに恐れない姿勢が大切

検査で用いられるX線の被ばく量は、いずれも安全値よりもぐっと低く抑えられていますから、あまり心配する必要はありません。とはいっても、医療放射線が原因で起こるがんもあるといわれています。
人間ドックや健診はもともと健康な人のためのものですから、診断や治療のために受ける放射線とは違うものと考えるべきで不必要な被ばくはできるだけ最小限とすべきです。
参考までに、主な検査の医療被ばくの線量を図に示しました。


<主な検査とその被爆量>

図表

※mSvはミリシーベルト。
※『受ける? 受けない? エックス線 CT検査』(著書・発行ともに高木学校)などをもとに作成。
同じ検査でも被ばく量(放射線の線量)は機器によって大きな差があり、最新の機器は線量が少ないものが多い。取材協力:高木学校


日本は、世界有数の「放射線医療機器の多い国」です。必要な検査や治療は受けるべきですが、被ばく量の多い検査は数年おきにするなど、不必要に受けるのは避けたほうがよいでしょう。

東京大学 保健・推進本部 健康管理室 講師
石川 隆(いしかわ・たかし)
(出典:保健同人社「暮らしと健康」2009年1月号)
2009/06/11 更新

人間ドックを探す

受けたい検査をチェック!

  •  胸部単純X線撮影
  •  胸部CT
  •  PET
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

関連記事

「人間ドック・検診Q&A」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > 医療被ばくが心配